ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2012年1月28日付け

 19歳以下の選手が全国一を競うサンパウロ・ジュニア杯ことコッピーニャ決勝が25日に聖市パカエンブで行われ、対フルミネンセ戦を2対1で制したコリンチャンスが優勝した。1969年から1987年以外、毎年開催の大会は43回目で、聖州チーム優勝は、コリンチャンス8回、サンパウロ3回など計25回。リオはフルミネンセ5回など計8回、ミナスはアトレチコ・ミネイロ3回など計5回、優勝4回でチーム別3位のインテルナシオナルを抱える南大河は4位。人口や経済力の差がちょっと?
     ◎
 26日夜、パウリスタ都電公社(CPTM)イタペヴィ〜エンジェニェイロ・カルドーゾ駅間で列車が衝突、7人が負傷した。ジュリオ・プレステス発の列車が終点イタペヴィの直前で方向転換中の列車とぶつかったもので、骨折した女性ら6人は病院に運ばれた。事故区間は当面バス運行。
     ◎
 聖州のジャカレイで武装した6人の盗賊が修道院アイン・カリンの聖歌歌手でもあるアントニオ・マリア神父と14人の修道女らを人質にした。盗賊たちは神父に聖書を読ませ、自分たちの盗みの罪を清めさせた後、1100レアルの現金とTVやDVDプレイヤー、コンピューターに車2台を盗んで去って行った。たとえ神父が赦しても世がそれを認めないのは間違いないが、律儀な盗賊もいるものだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ