ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2012年1月31日付け

 リベイロン・プレットに聖州政府が建てた大衆住宅は、入居直後から雨漏りや水周りの不備、建付けの悪さなどが指摘されていたが、これらの問題は「教育もなく家に住んだ事もないファヴェーラ住民を住ませたから」と言った都市住宅開発公社理事が27日に辞任。アウキミン知事が太陽光で水を温めるなどの最新設備付きと宣伝したりした住宅だけに、責任転嫁したいのも分かるが、余りの差別発言に知事も釈明を求めようとしたという。発言は個人見解との理事弁明も空しく響く。
     ◎
 ブラジリア時間30日未明3時11分(現地時間では0時11分)にペルー南部のイカ地方でマグニチュード6・3の地震が起き、少なくとも60人が負傷した。震源はイカ市南東15キロ(リマ南方280キロ)の太平洋。同地方では昨年10月29日にM6・7、07年8月15日も8・0の地震が起きている。
     ◎
 公演活動からの引退を宣言していた女性ロック歌手ヒタ・リーが、セルジッペ州で行われた最後のステージ終了後に警察に連行された。理由は公演中、大麻を吸っていた観客たちに軍警たちが近づいた際、ヒタが軍警に暴言を吐いたため。警察の職務質問にも臆することなく、ヒタは「だって私のショーなんだもん」と平然としていたという。「感動」でなく「混乱」で幕引きするのはロックの女王ゆえか。

image_print

こちらの記事もどうぞ