ホーム | 日系社会ニュース | 県連が文協ビル5階に移転=旧事務局の3倍強の面積=園田会長「活動規模に見合う」=援協との正式契約はまだ

県連が文協ビル5階に移転=旧事務局の3倍強の面積=園田会長「活動規模に見合う」=援協との正式契約はまだ

ニッケイ新聞 2012年2月3日付け

 ブラジル日本都道府県人会連合会(園田昭憲会長)の本部事務所は先月16日、文協ビル3階から5階へ移転し、翌17日から業務を開始している。同階の所有団体であるサンパウロ日伯援護協会(菊地義治会長)との売買契約が終了次第、改装工事に着手する予定で、年内には本会議室や日本祭り用の倉庫などを備えた「県連センター」(仮称)を完成させる。園田会長は「やっと現在の県連の規模にあうような本部ができる」と表情を緩ませた。

 1996年5月から利用していた3階部分の旧本部は、事務局と役員会議を開くスペースがあるのみで、年々規模が拡大する日本祭りの資料や荷物などが保管できない状態となっていた。
 今月1日に正式に住所変更を行った新本部は約200平米で旧本部の3倍以上。エレベータを背に向かって左側部分は、会長室兼応接室、70人が座れる大会議室となる。右側には事務局、日本祭り用の部屋、資料保管室を置く。
 改装工事は売買契約後に着工する予定で、工事完了には4カ月以上かかるとされている。本部の一部分を県人会の事務所として最大3団体まで貸出す計画となっており、現在、埼玉県人会が入居を希望している。
 援協側で売却に必要な書類が揃わず、1年にわたって売買契約が遅延したことで、昨年12月に援協が同部分の無償賃貸を提案、契約前の移転が決まった。具志堅茂信援協元事務局長によれば、書類は先月10日に揃っていることから、正式契約は時間の問題と見られている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]
  • 本橋 幹久2015年1月8日 新年のごあいさつ 2 県連あいさつ文=日伯120年の絆=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋 幹久  新しい年2015年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 本年は「日本ブラジル外交関係樹立120周年」の節目の年に当たります。1895年に締結された「日伯修 […]
  • 県連=旧援協事務所を購入か=結論は価格次第、慎重論も=日本祭りテーマは「食と健康」2010年12月2日 県連=旧援協事務所を購入か=結論は価格次第、慎重論も=日本祭りテーマは「食と健康」 ニッケイ新聞 2010年12月2日付け […]
  • ごあいさつ2018年1月3日 ごあいさつ 謹んで新年のお慶び申し上げます=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。  海外最大の日系人集団地ブラジルは、節目の移民110年周年を迎えました。  県 […]
  • JRパス問題=在外日本人だけ切り捨て=県連、文協も嘆願書提出へ=コロニアに溢れる怒りの声2017年1月1日 JRパス問題=在外日本人だけ切り捨て=県連、文協も嘆願書提出へ=コロニアに溢れる怒りの声  【既報関連】来年4月から海外在住日本国籍所持者だけ「ジャパン・レールパス(JRパス)」が使えなくなる問題に関し、日系社会の各方面から怒りの声が上がっている。県連は11月24日にJRグループに対し嘆願書を提出する意向を発表し、12月9日には外務省中南米局の高瀬寧局長、在聖日 […]