ホーム | 日系社会ニュース | 群馬県人会=2月にロンドリーナ旅行=五十嵐支部長らと歓談

群馬県人会=2月にロンドリーナ旅行=五十嵐支部長らと歓談

ニッケイ新聞 2012年2月29日付け

 1月の群馬県人会の総会で企画を発表したばかりの北パラナ・ロンドリーナ旅行は、五十嵐徳三支部長から「このカルナバル期間中はどうか」との誘いを受け、さっそく実現した。
 2月18日から20日までの3日間バスで訪れた。深夜に出発し、ロンドリーナへ着いたのが午前9時20分。五十嵐支部長とその息子の誠二さんがロンドリーナまで出迎えた。
 その後、ローランジア市在住の五十嵐支部長の自宅で支部集会を行った。誠二さんは1月にFM群馬からインタビューを申し込まれ、電話で3回に亘り取材を受けて放送され、「大変な反響を呼んだ」という。
 誠二さんは大豆の専門家で州立ロンドリーナ大学教授。病害や害虫の襲来を事前に察知する装置を独自で開発するなど、この分野の権威だ。
 群馬県人会の基金をつくる事を目的にノートパソコンを寄付し、これを元にリッファを行い基金の一部にしたらどうかと提案した。「集金力低下の折、素晴しい提案であるので今後の対処方法を検討する」と一行は歓迎した。
 五十嵐家総出での接待や近隣の元留学生、研修員らの協力によるシュラスコ昼食会となり、一同舌づつみをうちながらの歓談となった。
 次に五十嵐支部長が建設に尽力したローランジャ日本移民資料館を見学した。サンパウロ史料館には無い物もあって一行の興味を引いた。笠戸丸移民最後の生存者だった中川トミさんを顕彰し、その名を冠した公園を見学してホテルに帰った。
 2日目は同地の温泉を訪問し、約10個もある温水プールや、屋内の冷温浴に入り身体を癒し、1日を楽しんだ。
 最後の日は、州立ロンドリーナ大学を見学する事になり、誠二さんの案内で一巡した。この大学には現在44のコースがあり約3・5万人の学生が在学中、敷地が700ヘクタールと言う。自分で開発した機械を作る工場も市内に持っているとの事だ。
 市内見物をして帰路につき、雨の中をひた走りに走って、午後11時半に県人会館前に無事到着した。「まだ年はじめなので、今年中にもう一度、他所へ旅行を計画したい」と旅行の余韻を惜しむ声でいっぱいだった。(内山住勝さん通信)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2008年7月16日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2008年7月16日付け […]
  • 2008年6月20日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=独断と偏見で選ぶ=後世に残したい『コロニア文化遺産』 ニッケイ新聞 2008年6月20日付け  第一回移民船笠戸丸がサントスに到着して百年。ブラジル日系社会(コロニア)は新世紀を迎えた。益々ブラジルへの同化が進んでゆく今だからこそ、何を残すべきかを考えたい。戦前・戦後の移民二十五万人、そしてその子孫らによる一世紀にわたる生活 […]
  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • 日本人ブラジル移住110周年に当たって思うこと=熊本県在住ブラジル研究者 田所清克(たどころ きよかつ)2018年5月26日 日本人ブラジル移住110周年に当たって思うこと=熊本県在住ブラジル研究者 田所清克(たどころ きよかつ)  1908年4月28日、神戸港から笠戸丸に乗船した日本人移民がコーヒーの積出港に着岸して、今年で110年を迎える。そのこともあって、ブラジルではむろん、日本でもこれにちなんだ諸々の行事が予定されている。  ところで、ブラジルに関する地域研究も従来からすれば、格段の進歩 […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇2017年10月31日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇  そのため一極集中的に大都市や工業都市に人口集中を余儀なくされ、地方は過疎化し立ち遅れてしまった。  そこでその地域やそれぞれの地方の活性化を図る目的で全国3,300余の市町村に一率一億円を交付した。  そして自から考え自ら行う特殊事業でもって故郷の活性化・創生をはかること […]