ホーム | 日系社会ニュース | 千田会長が岩手日報に寄稿=「共にコロナ禍乗り越えよう!」

千田会長が岩手日報に寄稿=「共にコロナ禍乗り越えよう!」

千田曠曉さん

千田曠曉さん

 新型コロナウイルスの影響で自粛が続く中、岩手日報5月27日付けにブラジル岩手県人会会長の千田曠曉さん(岩手、79歳)の寄稿が掲載された。その一部を本紙にも抜粋する
    ◎
 普段にぎわう市中心部のリベルダーデ(日本人街)は人通りが減り、県人会ビル近くの青空市場も同様だ。マスクやフェースシールドで予防する市民の姿が目立つ。県人会としても4月の誕生会、5月のわんこそば大会を中止。日系人関連で最大規模となる日本まつり(7月)の開催も今年は見送った。
 日系人の入植地に住む高齢者は、外出できなくなったことで交流する楽しみが絶たれ、友人たちは「長期間の自粛にも限度がある」と嘆く。

岩手日報の紙面

岩手日報の紙面


 また、飲み会が好きなグループはチャットアプリでやりとりし、寂しさをやり過ごしている。海外の他の県人会と連絡を取り合っているが、各団体とも「コロナ禍を乗越えたい」との思いは一緒だ。
 その中で1日、達増知事から県人会宛てに「古里岩手との交流をさらに深められるよう、困難な状況を共に乗り越えましょう」とのメッセージが届き、とても勇気づけられた。
 この地に移住した先人、同法は開拓に苦慮しながらも耐え忍び、明日に希望を託して生きてきた。同感染症の苦難も必ず克服できると信じている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本語教育オンラインで工夫=濱田さんに聞く赤間とむつみ2020年6月30日 日本語教育オンラインで工夫=濱田さんに聞く赤間とむつみ  「残念な事にコロナで、子供たちが楽しみにしていた運動会やフェスタジュニーナ等のイベントが無くなりました。子供たちと『今年は我慢して、来年のお楽しみにしようね』と慰めあっています」――赤間学院ピオネイロ校(ヒライ・アカミネ・イルマ校長)及びむつみ幼稚園(由永サニー・清水 […]
  • 福島県白河市が投句呼びかけ=「芭蕉白河の関俳句賞」へ=ブラジル在住者もどうぞ!2020年6月27日 福島県白河市が投句呼びかけ=「芭蕉白河の関俳句賞」へ=ブラジル在住者もどうぞ!  福島県白河市役所(鈴木和夫市長)が主催する第2回「芭蕉白河の関俳句賞」には、本年度から海外特別賞部門が設立され、世界最大の日系社会を持つブラジルからの投稿を呼びかけている。海外部門特別賞のテーマは「みちのく」投句料は無料。  ブラジルでの募集に際し、同市役所文化振興 […]
  • ラーメンあすか営業再開=伊藤さん「自宅で味わって!」2020年6月30日 ラーメンあすか営業再開=伊藤さん「自宅で味わって!」  「この3カ月の休業期間で売上は全滅、一切ありません。まさかここまでコロナの影響が続くとは予想してなかったですよ」―サンパウロ市リベルダーデ区のラーメン店「あすか」の伊藤武店長(78・秋田県)は落胆しながら語った。  新型コロナウイルスによるクアレンテナ(検疫)が発令 […]
  • 白石テルマ=貧困者に無料弁当を配給支援=6千食終了、さらに1万2千食も2020年6月24日 白石テルマ=貧困者に無料弁当を配給支援=6千食終了、さらに1万2千食も  「炊き出しと聞いて住民の皆さんは『なんで?信じられない』といった様子でした」――ニッパキ紙の取材に対し、「Movimento Água no […]
  • 援協=前園次長が事務局長代理に=コロナ皆無だが施設で膨らむ経費2020年6月26日 援協=前園次長が事務局長代理に=コロナ皆無だが施設で膨らむ経費  日伯援護協会(援協、与儀上原昭雄会長)の足立操事務局長が70歳になったために、4月13日をもって定年退職した。それに伴って前園マルセリーノ武弘事務局次長(58、二世、ブラガンサパウリスタ出身)が「事務局長代理」に昇格した。  コロナ禍の影響で足立元事務局長は、3月か […]