ホーム | 連載 | 2011年 | ~OBからの一筆啓上~ | 〜OBからの一筆啓上〜住めばパライーゾ=小林大祐(元ニッケイ新聞記者)

〜OBからの一筆啓上〜住めばパライーゾ=小林大祐(元ニッケイ新聞記者)

ニッケイ新聞 2012年4月12日付け

 「縁がないだろう」。記者時代サンパウロ市に住んでいたとき、そう思っていた土地の筆頭がリオ・グランデ・ド・ノルテ州であった。振り返れば当時、間接的だが、同州と接触したことがある。
 サンパウロ市郊外でありながら北東地方の料理やフォホーが楽しめる施設内の屋台で「リオ・グランデ・ド・ノルテ州の味です」とあった料理を食べたときである。カルネ・ド・ソルとバイォン・デ・ドイスを頂き、その味に閉口した。カーチンガでは人生の彩りを食べ物に求めることが難しい。「自分はこの先ここを訪れることはない。いや、あってはならない」と確信したものだ。 しかし「神様はブラジル人である」ことを忘れていた。イタズラがお好きである。27州で一番長い名前を持ち、州の輪郭はゾウさんの形をしているのにも関わらず小さく目立たない州で暮らす運命を与えられ、3年が経過した。
 一応サッカーのブラジルW杯の開催地の一つに食い込んだ。だが、大手メディアにこの州の話題が取り上げられることはほとんどない。3月末のEPOCA誌の表紙に地元ビーチの写真がドーンと映し出されていたのを目にしたときは額に入れて飾ろうとさえ思った。 州出身の著名人は数少ない。それでも民俗・歴史学の泰斗カマラ・カスクドがいるのが救いだ。長女が課外授業で収集品を見学してきた。その口から「カマラ・カスクド」と発せられたときは感動した。「日本から連れて来て良かった」と初めて思った瞬間だった。「印象に残ったモノは?」と聞くと、彼女はしばらく考えて「うーん、クマの剥製かな」と答えた。
 2012年1月18日付のニッケイ新聞で「ナタル」の文字を見つけたときは小躍りした。しかし記事は悲劇調で、日本移民10家族が入植したナタル近郊ピウン移住地について元入植者が語るものだった。そこは「潅木しかない痩せた土地」で、「入植者300通以上の陳情書を出した」といい、「あまりにひどい状況に今も腸が煮え繰り返る」と訴えている。
 ナタル近郊だったら普通は風光明媚な土地柄だけどなあ。風土はそう変わるものではないしなあ。所在地はよく行く海岸に向かう途中だ。地図を確認するや車を走らせた。
 付近は高級分譲地の建設ラッシュの様相を呈していた。果物市で日本人移住地のことを尋ねた。「この辺ではカーニバルをMATSURIとも言うよ」と知った。他にも残られている方がいらっしゃるかもしれないが、住所の分かった3家族を訪問してみた。使用人やお孫さんしか居合わせておらず昔話は伺えなかったが、いずれもご立派なお宅であった。
 結果的とはいえ、10家族中3家族が広い庭付きの大きな家に暮らされているのであれば、現在の、あるいはこれからの日本の日本人より高い成功率かもしれない。
 「棄民の地」かもしれなかったピウンも、かつて私が「訪れることはない。いや、あってはならない」と思い込んでいたリオ・グランデ・ド・ノルテ州も、いまではパライーゾである。



image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 東西南北2021年2月13日 東西南北  15日から17日の午前中まではカーニバル休暇のはずだったが、今年はコロナ禍につき、カーニバルを公的に祝う自治体はない。カーニバル休暇は本来、国民の祝日扱いではなく、自治体判断なので、開催されないのならば平日扱いとなるはずだが、そこがブラジルの不思議なところ。企業などの判断で、 […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲2020年7月17日 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲  保健省による16日晩発表で、新型コロナウイルスの感染者数が200万人を超えた。1日の感染者数は4万5403人(計201万2151人)、死亡者数は1322人(計7万6688人)となり、依然として米国についで世界2位だ。現在に至るまでの2カ月間、正式な保健大臣は任命されず […]
  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、サンパウロ市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]