ホーム | 日系社会ニュース | ブラジル杯囲碁大会=国際色豊か、67人が熱戦

ブラジル杯囲碁大会=国際色豊か、67人が熱戦

ニッケイ新聞 2012年5月4日付け

 ブラジル日本棋院主催の『第3回ブラジル杯囲碁大会』が先月15日に同会館で開催された。
 ベレン市やクリチーバ市といった遠方からの参加者を含め67人が参加した大会は、レベル別に3つのトーナメントで行われ、熱戦が繰り広げられた。参加者の国籍の内訳は日本とブラジルがそれぞれ4割、台湾と韓国あわせて2割と国際色豊かな大会となった。
 試合結果(賞金獲得者、順に1位から3位)は次の通り。
 (ブラジル囲碁選手権戦)王森峰七段、顧世峻六段、佐々木ジョルジ五段。
 (初〜四段戦)余建平二段、ゴンサルベス・エジヴァン二段、潜深二段。
 (級位者戦)ブラガ・ラファエル(一級)、カブラウ・アレサンドロ(二級)、西谷研三(1級)(敬称略)。

image_print

こちらの記事もどうぞ