ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2012年7月4日付け

 グアルーリョス空港に3日未明についた聖州の高校生46人が、メキシコのカンクンへの修学旅行のキャンセルを知らされた。旅行代理店トリップ&ファンによると、予定していた宿泊先が満室だったということだが、生徒を引率していた教師によると、この会社は以前にも空港封鎖を理由にメキシコ・ツアーをキャンセルしているという。「1年以上前から準備していたのに」の生徒の声はこの会社に届くか。
     ◎
 聖市の地下鉄4号線が大混雑しているのとは対照的に、聖市南部ではバス利用者が大幅に減少。カンポ・リンポからセントロに行くレボウサス大通りのバスでは1〜4月の利用者が、前年同時期比で20・71%減少。実に5人に1人が利用をやめた計算となる。また、この線を含む、南部から西部を経由するバス計5本の平均でも8・5%の減少。利用者増減のバランスは難しい。
     ◎
 いよいよ今日となったリベルタドーレス杯決勝第2戦のコリンチャンス対ボカ・ジュニオールズ戦。会場のパカエンブーでは早々と入場券が売り切れたため、コリンチャンスは、熱狂的なファンが観戦できるよう、聖市北部のアニェンビー公園に16×9メートルの大型スクリーンを用意する。入場料はシャツ着用のファンと学生が20レアル、一般40レアル。夢の初優勝を賭けたキックオフは21時50分。

image_print

こちらの記事もどうぞ