ホーム | 日系社会ニュース | 在ベレン総領事館=草の根資金で救急病棟を供与=イガラペ・アスー市に

在ベレン総領事館=草の根資金で救急病棟を供与=イガラペ・アスー市に

ニッケイ新聞 2012年7月6日付け

 在ベレン日本国総領事館(沼田行雄総領事)は、パラー州イガラペ・アスー市(上杉サンドラ市長)に対し、増改築された市立救急病棟(ジョゼ・ダ・シルヴェイラ市立病院救急病棟)を供与した。草の根・人間の安全保障無償金協力によるもの。
 供与式は6月20日に同病院で行われ、関係者、地元住民など約2500人が出席した。
 同市はパラー州の北東部に位置しており、人口は約3万5千人。2009年に初の日系女性市長が誕生、市民に対し多様な計画を実施しており、今回の計画もそのうちの一つ。調印式は昨年の11月7日に行われていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ