ホーム | 日系社会ニュース | 建設進むイタケーラ競技場=13年末に完成予定

建設進むイタケーラ競技場=13年末に完成予定

ニッケイ新聞 2012年8月7日付け

 コリンチャンスの新スタジアムであり、2014年W杯開幕戦の会場にも指定されているイタケーラ競技場。関係者の話によれば、現在建設中の同競技場の完成度は約40%だという。
 グラウンドには大量の機材や建材が積み重ねられ、裏側部分にショッピングセンターが付設される予定のメインスタンドは骨組みの建築段階だ。施工完了は13年の12月頃を予定している。
 先月27日、毎年サンパウロ市アチバイアの中沢スポーツ教育センター(中沢宏一理事長)を拠点に約3週間の合宿を行っている東京の中学生サッカーチーム「クリアージュFC」の選手・コーチら30人が建設現場を見学した。
 主将の橋本恭輔君(14、東京)は「再来年、ぜひ完成したこの競技場で試合を見たい」と目を輝かせて話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ