ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2012年8月30日付け

 2010年に誘拐殺人事件を犯したサッカー選手ブルーノの元運転手だったクレイトン・ゴンサルヴェスさんがベロ・オリゾンテで2度銃の発砲の標的となった。26日はバーにいたところを狙われ軽傷を負い、27日は恋人と出かける際に自家用車を撃たれた。22日には、ブルーノのいとこで共犯者のセルジオ・ローザ・サレス被告(人身保護令で保釈中)が射殺されていた。
    ◎
 ロンドン五輪から五輪のスポンサーとして加わった化学製品会社のDOW(ダウ)が16年のリオ五輪に向け早くも計画を開始している。五輪のインフラ部門を担当している同社のリオ五輪最初の仕事は、五輪のメイン・スタジアムの周囲に高さ25メートルの電光パネルを全部で306本を設置すること。これで豪華絢爛な開会式や閉会式に備えるというわけだ。イベント開催の準備が遅れる傾向にあるブラジルには心強い味方だ。
    ◎
 世論調査統計機関(IBOPE)の発表によると、12年第2四半期におけるブラジルでのインターネットへのアクセス数は前年度同時期に比べ7%上昇の8340万アクセスに上った。前回の12年第1四半期の調査で8000万アクセス台に乗ったが、その前回調査からは1%の伸びだった。この第2四半期は7月の休暇が入ったため、家庭や会社でのアクセスは4・4%減だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ