ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2012年9月29日付け

 28日の伯字紙の一面はサンパウロ市市長選のジョゼ・セーラ候補が、ファンの女性から熱烈なキスを口に受ける写真が飾った。27日、セーラ氏がサンパウロ市中央部を歩いていた際、商店の女性がセーラ氏に抱きつき、2回キスをした。女性は「毎回彼に投票してるの」というほどの大ファンだそうだが、写真に写ったセーラ氏の顔は勢いで押しつぶされ苦しそうだった。また最新のダッタフォーリャの調査でセーラ氏はルッソマノ氏との支持率の差を縮めている。
     ◎
 神経医学会が18州87都市を対象に行なった調査によると、ブラジルの5〜12歳の7・9%が偏頭痛持ちで0・6%が慢性になっているという。逆に「頭痛を患ったことがない」という子供は17・9%しかいなかったという。頭痛持ちの子供の場合、授業で注意散漫になる確率が健康な子供より2・8倍高くなるほか、鬱病を患う確率も5・8倍高くなるということから、学会は注意を呼びかけている。
     ◎
 2010年のサッカーW杯南ア大会のブラジル代表(セレソン)のエース、カカーが、同大会の準々決勝以来、2年3カ月ぶりのセレソン招集を受けた。これで、ネイマールやオスカールなど、ロンドン五輪出場の新世代とのプレイがようやく見られそうだ。10月11日の対イラン、16日の対日本との親善試合で、息の合ったところが見られるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?2017年12月29日 ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?  2018年は大統領選挙の年――。独断と偏見による激論で、ブラジル社会翻訳面記者と編集長が紙上座談会でズバリ勝敗を占った。ラヴァ・ジャット作戦が進展する中で、2015年末にはジウマ大統領の罷免審議がエドゥアルド・クーニャ下院議長(当時)によって始められ、2016年8月には罷免が […]
  • サッカー全国選手権が19日開幕=今年のブラジルを制すのは?2014年4月18日 サッカー全国選手権が19日開幕=今年のブラジルを制すのは? ニッケイ新聞 2014年4月18日  ブラジルの国内での最大の大会、「ブラジレイロン」こと全国選手権が今週末の19日から開幕する。 サンパウロ州選手権をはじめとする、全国27州での州選手権が13日に終わったばかりだが、休む間もなく、今度は全国選手権がはじまる。 この全国選手権は […]
  • 東西南北2014年3月6日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月6日  サンパウロ市カーニバルのスペシャル・グループのパレードの結果が4日に発表され、モシダーデ・アレグレが3年連続の優勝を飾った。同エスコーラの優勝はこれで10度目で、1971~73年に続き、2度目の3連覇を果たした。2位も3年連続でローザス・デ […]
  • カフーがW杯について語る=「応援で経験不足を補える」2014年2月19日 カフーがW杯について語る=「応援で経験不足を補える」 ニッケイ新聞 2014年2月19日 自国開催のワールドカップまであと4カ月。そのタイミングでフォーリャ紙は、1994年から2002年の4大会でW杯に出場し、2度の優勝(94、02年)に輝いた、ブラジル・サッカー史に残る右サイドバック、カフーにインタビューした。 まずカフーは、 […]