ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年1月12日付け

 世界で最も古いロンドンの地下鉄は今週で創業150周年を迎えたが、エスタード紙サイトによると、1974年創業の聖市地下鉄がロンドンの現在の地下鉄の規模に追い付くにはあと172年かかるという。現在、年平均1・91キロの拡張を続ける聖市だが、それではまだ足りないということか。GDP(国内総生産)では並んでも、埋まらない差はあるか。
     ◎
 イタリアのACミランから鳴り物入りでコリンチャンスに移籍したストライカー、アレッシャンドレ・パトが10日、同チームのトレーニング・センターで身体検査を受け、「故障なし」との診断を受けた。ミラン時代には2010年以降に13回もの故障を記録し、「ミランで体の成長に合わないトレーニングをさせられていた」と指摘されてもいたパトだが、適切なトレーニングで復活と行きたいところ。コリンチャンス・デビューは1月20日の聖州選手権第3節が噂されている。
     ◎
 98年、02年と大統領候補となったシロ・ゴメス氏がスポーツ評論家としての活動を再開。地元であるセアラー州フォルタレーザのAMラジオ局で毎日10分の番組を担当しており、13年のコンフェデ杯、14年W杯で伯国サッカー代表を盛り上げたいという。政治家になる前にもスポーツ評論家だった同氏は、14年の大統領戦出馬の意思はないという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • 東西南北2019年9月4日 東西南北  2日、パルメイラスがフェリポン監督を電撃解任し、ブラジル・サッカー界を驚かせた。2002年のW杯優勝監督でもある同氏は、昨年、自身の古巣でもあるパルメイラスを全国選手権で優勝させていた。だが、リベルタドーレス杯の準々決勝で敗退した上に、1日に行われた全国選手権でも首位のフラメ […]
  • 東西南北2018年5月15日 東西南北  12日にテメル政権が2周年を迎えたが、ダッタフォーリャの統計によると、在任期間中の国民からの人気を200点満点の指数にした場合、テメル氏は、コーロル大統領以降では最も低い、わずか25点だったという。それによると、もっとも高かったのはルーラ政権2期目(2007~10年)だ。ルー […]
  • 東西南北2017年3月30日 東西南北  28日に無事に18年のサッカーW杯出場が決まったセレソン。他の地域よりも予選が長く、参加チームのレベルが高いことで知られる南米予選は10月まで開催されるが、半年以上も余裕を持って出場が内定したのは異例のこと。今回、こんなに早く出場が決まったのは、同夜、ライバルと目されるアルゼ […]
  • 東西南北2017年3月25日 東西南北  22日午後10時頃、サンパウロ市西部ラッパで、赤信号なのに猛スピードで進入したバスがコントロールを失い、次々に車に衝突、1人を轢き殺す事故を起こした。このバスはアウレーリア通りを走行中、交差点が赤信号だったのに強引に突っ込んだため、青信号だったファウストロ通り側から入ってきた […]