ホーム | 日系社会ニュース | 鳥取中堅リーダー交流=山尾、川上さんが感想語る=農事、童謡を通じ各地で

鳥取中堅リーダー交流=山尾、川上さんが感想語る=農事、童謡を通じ各地で

ニッケイ新聞 2013年3月1日

 鳥取県と鳥取県人会が実施する『中堅リーダー交流事業』で来伯した山尾純子(45、宮城)、川上雅弘さん(30、岡山)の二人が25日に来社し、10日間の活動を振り返った。
 1年ごとに、地域や団体において民間交流の中堅的な役割を担うリーダーを派遣し合う事業として、2003年に県人会が母県に呼びかける形で始まった。二人は15日に来聖し、24日までの間に聖州ミランドポリス市の第二アリアンサ鳥取村、弓場農場、ピラール・ド・スール市などを訪問した。
 「30〜40代の比較的若い人が多く、非常に強い情熱を持っていることに感銘をうけた」と話す農業技師の川上さんは、各地農場を視察しながら、農業関係者へのアドバイスを行った。ピラール・ド・スール市ではAPPC(サンパウロ柿生産者協会)関係者に向けて農場経営に関する講演も行い、好評を博したという。
 「技術的な指導もさせていただく中で、日本とは全く違う大規模農業の在り方を目の当たりにして、『日本の農業は今のままで大丈夫なのか』とも考えさせられた」と感慨深げに感想を語った。
 山尾さんは、市内にある公立博物館「わらべ館」の委託職員(歌唱推進員)として童謡・唱歌の普及活動を行っている経験を生かし、訪問各地の日本語学校などで童謡の指導を行った。
 「童謡が文化として根付いていることに驚いたが、曲を知っていても、歌詞の内容まで分かる子どもは少ない。意味の理解を踏まえての指導で歌い方が変わったことが印象的。継続的に指導が出来ればもっとよくなるのだけど」と名残惜しそうに話した。
 二人は26日に帰国した。

image_print

こちらの記事もどうぞ