ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年3月16日

 ローマ法王庁は15日、新たに選出されたフランシスコ法王がアルゼンチンの軍政時代(1976〜1983年)に「軍政に加担していた」との一部報道を否定した。同法王に対しては、1976年に軍政に都合の悪いイエズス会の信徒を誘拐したとの説がかねてから囁かれており、伯国でもエスタード紙が法王決定直後から、「軍政と戦わなかった」と批判を行っていた。
     ◎
 きのう15日付本欄で報じたウニリーバ社のリンゴ味の豆乳飲料「アデス」に製造ライン洗浄の洗剤が混入したことに関してだが、ウニリーバは15日、これまで聖州で14人の消費者から該当製品を飲んでしまったとの連絡が入ったと発表。同社は消費者サービスを通じ、14人に病院で手当てを受けるよう斡旋、2人が拒否した以外は、手当てを受けたという。該当商品は製造日が2月23日、賞味期限13年12月22日のものだ。
     ◎
 サッカーのリベルタドーレス杯グループ予選で14日、サンパウロFCは敵地アルゼンチンでの対アルセナル戦で1—2の痛い敗戦。これでグループ・リーグの第3グループ4試合終了時点で、サンパウロは3位アルセナルに得失点差でわずかにリードの2位。16強トーナメント進出に辛くも望みをつないでいるが、残る2戦中1試合は、目下全勝のアトレチコ・ミネイロだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年11月12日 東西南北  10日夜、ベロ・オリゾンテでサッカーW杯南米予選が行われ、セレソンは宿敵アルゼンチンを寄せ付けず、3―0で圧勝して首位をキープ。残り7試合で、出場圏外となる6位アルゼンチンに勝ち点差8をつけ、W杯進出に向け、前進した。この日のセレソンの得点は3点だったものの、試合はセレソンの […]
  • 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と2019年1月9日 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と  現在のブラジルサッカー界は、まだシーズンオフだ。だが、各州の選手権やリベルタドーレス杯が本格化しはじめるまでのこの束の間の間こそが、フロントにとっては最も忙しい時期となる。向こう1年間の戦力補強のための貴重な時期だからだ。ここでは、ブラジルリーグで目立つ補強についてみていく。 […]
  • 日本も出場のコパ・アメリカ2019=日程と試合会場が発表2018年12月19日 日本も出場のコパ・アメリカ2019=日程と試合会場が発表  南米サッカー連盟(CONMEBOL)は18日、来年6月14日に開幕するコパ・アメリカの日程と試合会場を発表した。同大会にはCONMEBOL所属の10カ国に加え、招待国として、カタール、そして日本が参加して行なわれる。  コパ・アメリカは6月14日から7月7日まで、ブラジル国 […]
  • サッカー=南米の大物選手がサンパウロ市の強豪に移籍=コロンビアのボルハにアルゼンチンのプラット2017年2月11日 サッカー=南米の大物選手がサンパウロ市の強豪に移籍=コロンビアのボルハにアルゼンチンのプラット  サンパウロを代表するサッカーの強豪チーム、パルメイラスとサンパウロFCが共に南米の大物選手と契約することに成功した。  パルメイラスが獲得したのは、「次代のコロンビアのエース」との呼び声が高いフォワード、ミゲル・ボルハ(24)だ。  ボルハは昨年、同国のアトレチコ・ナシオ […]
  • 遅かった新星投入=サンパウロFC、19歳のFWネレスで来季巻き返しなるか?2016年10月25日 遅かった新星投入=サンパウロFC、19歳のFWネレスで来季巻き返しなるか?  22日に行われたサッカーの全国選手権で、サンパウロFCは本拠地モルンビ・スタジアムでのポンテ・プレッタとの一戦を、19歳の新人ダヴィド・ネレスの初ゴールなどで2―0で制したが、これに「遅すぎる」との声が上がっている。  それはネレスが、サンパウロFCのユース・チームの中にお […]