ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■50年ぶりの再会祝う

■ひとマチ点描■50年ぶりの再会祝う

ニッケイ新聞 2013年4月10日

 「50年ぶりだね」。ミナス州カンブイ市で農業機械や資材販売を営む白浜清俊さん(74、コチア青年第2次6回、熊本県)が聖市内のホテルで3月4日晩、長野県長野市から来伯した宮崎利幸さん(74)と再会を果たし、そう喜び合った。
 二人は半世紀前、長野県にある八ヶ岳中央農業実践大学校の同級生だった。白浜さんは南ミナスの農業界で名を馳せ、もう一方の宮崎さんは長野市の市議を6期24年間も務めた。今回は弟・正光、妹・ひろ子、智恵3氏を連れて来伯した。
 当日は、八ヶ岳の同窓生の武吉七郎(79)=スザノ在住=、白浜さんの友人で同じくコチア青年の沖野伊名木の2氏も駆けつけ、半世紀ぶりの再会に花を咲かせる二人の囲み、夜遅くまで賑やかに語り合った。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2007年9月25日 コチア先亡者へ永久の祈り=下元健吉没後50周年=慰霊ミサに百人近く参集=「胸像もう一回作る」との声も ニッケイ新聞 2007年9月25日付け  「コチア創立者、職員、そして今年没後五十周年を迎える下元健吉氏のために祈りましょう」――。二十二日午前、聖州コチア市のポルトン教会で行われた慰霊ミサで、フラビオ・ソアレス・ロペス司祭はそう呼びかけ、天を仰いだ。下元氏の命日である一 […]
  • オイスカ=50万本の植林事業をスタート=人材育成、小農支援テーマに=中野良子総裁が来訪2017年1月31日 オイスカ=50万本の植林事業をスタート=人材育成、小農支援テーマに=中野良子総裁が来訪  各国で環境保全活動などを行なうNGO「オイスカ・インターナショナル」の中野良子(よしこ)総裁が、サンパウロで進める植林事業「子供の森」計画の本格スタートに合わせ来訪した。サンパウロ(聖)州クーニャ市で28日に記念植樹祭が行なわれ、自然保護以外にも植林を通じた人材育成などに […]
  • ■訃報■山田充伸さん2018年3月16日 ■訃報■山田充伸さん  コチア青年連絡協議会、岐阜県人会、ブラジル倫理の会などで会長職を歴任した山田充伸さんが、癌のため先月19日に亡くなった。享年82。  山田さんは1936年11月23日に岐阜県郡上郡八幡町で生まれ、戦後58年にコチア青年の第1次14回生として渡伯した。ミナス州ピラポーラ団地に […]
  • 大分のリオ五輪応援団を歓待=柔道 梅木選手親族ら11人が来伯2016年8月27日 大分のリオ五輪応援団を歓待=柔道 梅木選手親族ら11人が来伯  【イタグァイー発】リオ五輪に出場する柔道女子78キロ級の梅木真美選手(21、大分)を応援するため、故郷の九重町から親族や坂本和昭町長ら、11人の応援団が現地に駆けつけた。13日深夜の帰国便を前に、リオ州リオ市郊外のイタグァイーで歓迎会が行なわれた。  発案は梅木選手の遠戚に […]
  • コチア青年=定期総会=60周年行事を完遂=記念誌を発刊、ポ語版も=三世訪日研修生を募集中2016年2月25日 コチア青年=定期総会=60周年行事を完遂=記念誌を発刊、ポ語版も=三世訪日研修生を募集中  コチア青年連絡協議会(前田進会長)の定期総会が14日午前、聖市の宮城県人会館で行なわれ、約60人が出席した。15年度で最も大きなイベント「移住60周年記念式典」は無事に遂行されたことが報告され、今年度では第4回目となる青年三世の訪日事業など、今年も多様な計画も発表された。 先 […]