ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年5月11日

 政界というところは、何とも奇妙なことが起こる。多数決は民主主義の根本的な原則であり、これは小学生の一年生でもちゃんと知っているし、腕白小僧の独断専行をも許さない。だが—である。数が多ければ、全てが正しいとは限らない。先の参院本会議が賛成多数で決めた「川口環境委員長解任」は、そんな悪しき見本の典型と言っていい。指揮を取ったのは、民主党の輿石東参院議員会長であり、日教組出身のご老人である▼川口順子さんは、女性官僚の草分け的な人であり、通産省を退官したのちに森内閣の環境大臣として民間から起用され、続く小泉首相のときには外務大臣として活躍したのはよく知られている。語学の天才であり、首相の補佐官として外交を補佐した才媛である。この川口参議が4月に中国を訪問し、仕事を終え帰国しようとしていたところへ、楊潔チ国務委員から会談したいと申し込まれ、これに応じた為に帰国が遅れた▼勿論、川口参議は渡航期限の延長を参院に求めたのだが、民主党などが反対し認められなかった。しかも、野党7党は、職務放棄だとして解任決議案を提出したの経緯があるけれども、楊氏は中国政府の要人であり、尖閣諸島など日中関係が揺れる今はとても重要な人物と判断するのは正しい▼民主党の元幹事長をも務め参院のドンともされるご老人には、こんな簡単な数式が解けなかったらしい。これはまあ—なんでも反対の日教組流なのだろうが、大手新聞の読売、産経、朝日、毎日も揃って「解任はおかしい」の社説を掲げていることも、ご参考までに—。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 封印されてきたブラジルテイスト発揮=マルシア デビュー30周年で新アルバム2019年10月22日 封印されてきたブラジルテイスト発揮=マルシア デビュー30周年で新アルバム  「私たち(日系人)は日本人にはなりきれない。でも、日本人の心を理解する魂は持っている」――2014年11月、サンパウロ州モジ市コクエラ区のふるさと祭りに取材に行った際、たまたま居合わしたマルシアにインタビューした際、そう言われ、けだし明言だと感心した。  顔を見て、 […]
  • 「ボウソナロ一家の見込み違い」とは?2019年10月18日 「ボウソナロ一家の見込み違い」とは?  ボウソナロ大統領、および、彼の息子たちの一族に一時期ほどの勢いがなくなっている。それは世論調査で、ボウソナロン政権の治世への支持率で否定的なものが肯定的なそれを上回り始めていることでも明らか。さらに、先週から勃発した「社会自由党(PSL)離党問題」でそのイメージはなお […]
  • ガンの治療に新たな道2019年10月17日 ガンの治療に新たな道  末期リンパ腫で痛み止めのモルヒネを毎日、上限量まで使い、体重が激減して、自分では歩けなかった患者がある日、痛みが消え、歩けるようになった▼先週からこんな風に話題となっているのは、サンパウロ州リベイロン・プレットのサンパウロ総合大学血液センターでラ米初のCAR―T細胞療法を受け […]
  • 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?2019年10月15日 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?  「どうしてブラジルからは、彼女のように祖国で注目される作家が生まれなかったのか?」――10日晩、サンパウロ文化センターで行われた多和田葉子(59、ドイツ・ベルリン在住)の公開対談を聞きながら、海外在住者が持つ「外からの視点」という共通点を強く感じ、そう残念に思った。 […]