ホーム | 日系社会ニュース | べレン総領事館問題=「地元の声、届けたい」=山田フェルナンド氏が訪日、陳情へ=西森下議、生田会長も同行=麻生副総理に直談判か

べレン総領事館問題=「地元の声、届けたい」=山田フェルナンド氏が訪日、陳情へ=西森下議、生田会長も同行=麻生副総理に直談判か

ニッケイ新聞 2013年5月21日

 【既報関連】在べレン日本国総領事館を出張駐在官事務所に格下げするという日本政府の方針に地元日系社会が反対運動を繰り広げている問題で、北伯最大のスーパーマーケットチェーン「Y.Yamada」の副社長で、全国スーパーマーケット協会会長も務める山田フェルナンド氏、同地日系社会を統括する汎アマゾニア日伯協会の生田勇治会長が西森ルイス連邦議員とともに今月下旬に訪日、麻生太郎副総理、河村健夫元官房長官らに陳情する予定であることがわかった。

 今年2月に外務省中南米局の清水亨南米課長が来伯して趣旨を説明したところ地元関係者の猛反発を受け、パラー日系商工会議所の会頭でもある経済界の大物、山田氏が音頭を取り、同会議所や同日伯協会などを中心に州知事、べレン市長などの協力も得て格下げ反対運動を展開してきた。
 日本政府に向けた、日系諸団体や地元政府機関、伯日議員連盟などの署名が入った嘆願書は2月末に提出され、同時期には、読売新聞が「自民党の政調審議会で、在ベレン総領事館を出張駐在官事務所に格下げすることなどを盛り込んだ在外公館法改正案の了承が先送りされた」と報じた。
 ただし、同総領事館の説明によればすでに本件は閣議決定されており、3月末には衆議院で可決され、現在は参議院で審議されているところまできている。
 「手紙は送ったが、やはり直接行って話を聞いてもらいたい。何とかそういう場を設けてもらえないか」—。西森氏によれば、嘆願書が日本側に送られたほぼ同じ時期、山田氏がブラジリアの西森氏を直接訪ねてきて、そう申し入れたという。
 「非常に重要なことで、一議員として協力すべきと思った。もう衆議院も通過しているので難しいかもしれないが、できれば格下げしないよう要請する。どうしても無理でも、あまり(在外公館としての)効力が変わらないようお願いするつもり」。西森氏は本紙の電話取材にそう応え、「もしこのまま駐在官事務所になったら、今度はクリチーバ、マナウスも、ということにもなるかもしれない。これからW杯、五輪が控える中で、総領事館の仕事も増える。世界第7位の経済大国ブラジルの重要性を強調し、はっきりとした声を届けておきたい」との心構えを示した。
 西森氏は、6月1〜3日に横浜市で開催される第5回アフリカ開発会議に参加するため、もともとその時期に訪日を予定していた。既に、今月27、28日のいずれかで麻生、河村両氏と会談する手配が整っており、両氏以外にも藤村修氏などブラジルの関係が深い政治家らと会う機会を設けたい考えだという。
 衆議院を通過した現在、この時期の〃ブラキチ〃政治家訪問は、どれほどの効果があるのか—。参議院の通過はほぼ必至とみられる状況下で、会談後の展開が注目される。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に2017年5月24日 ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に  連邦警察は23日、ブラジリアのW杯スタジアム改修における経費水増し請求疑惑で、連邦直轄区元知事らを対象とするパナテナイコ作戦を決行したと同日付現地紙・サイトが報じた。  同作戦では逮捕令状10件、家宅捜索・押収令状15件、強制出頭令状3件が出され、ジョゼ・アルーダ元 […]
  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • サンパウロ大会優勝はコンゴ・チーム=『難民と移民のサッカーW杯』2019年10月22日 サンパウロ大会優勝はコンゴ・チーム=『難民と移民のサッカーW杯』  【既報関連】NGOアフリカ・ド・コラソン主催、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国際移住機関(IOM)、サンパウロ市及び数社の民間企業が後援する『第6回難民と移民のサッカーW杯』サンパウロ大会の優勝決定戦が、10月20日午後2時半から、サンパウロ市パカエンブー競 […]
  • 女子元日本代表 井上さん、ラグビーの魅力語る=開催中のW杯注目選手も紹介2019年10月16日 女子元日本代表 井上さん、ラグビーの魅力語る=開催中のW杯注目選手も紹介  ブラジル日本商工会議所の異業種交流委員会(長野昌幸委員長)は「女子ラグビー元日本代表・井上真理恵さんトークショー」を2日夜、聖市の商議所内で開催した。駐在員やその家族ら約40人が来場し、井上さん(旧姓=山口)が紹介するラグビーを始めたきっかけや、現在日本で開催中のラグ […]
  • 難民と移民のサッカーW杯開幕=「日本人の参加も大歓迎」=決勝戦は20日、パカエンブー2019年10月9日 難民と移民のサッカーW杯開幕=「日本人の参加も大歓迎」=決勝戦は20日、パカエンブー  NGOアフリカ・ド・コラソン主催、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国際移住機関(IOM)、サンパウロ市及び数社の民間企業が後援する『第6回難民と移民のサッカーW杯』サンパウロ大会の開幕式が4日、聖市パカエンブー競技場の講堂で行われた。5、6日にはセントロ・オリ […]