ホーム | 日系社会ニュース | 商議所=ペトロブラス 川上氏が講演=日本企業との連携語る

商議所=ペトロブラス 川上氏が講演=日本企業との連携語る

ニッケイ新聞 2013年6月22日

 ブラジル日本商工会議所主催の「6月定例昼食会」が14日、聖市のホテルで開かれ、ペトロブラス社の川上オズワルド氏が「サントス海盆と日本」をテーマに講演を行った。
 リオ〜聖州沖に続く広大なサントス海盆での相次ぐ油田発見により、大産油国となったブラジル。08年に岩塩層下(プレサル)に新たに発見された超深海油田の埋蔵量は「中近東に次ぐ世界最大規模」と言う。
 その海盆で原油生産業務責任者を務める川上氏は、採掘の進行状況や、沿岸300キロ以上も離れた地点での業務に伴う危険や困難、プラットホームの設置状況等を説明。2018年までには3千人近くが海盆での作業にあたることを見込み、人材育成に力を注いでいるところだという。
 日本企業は岩塩層下の採掘事業に当初から参入しており、「日本の競合各社が物流プロジェクトを当社に提案しているし、JFEホールディングスと新日鉄住金は、ペトロブラス社に特化した技術を開発している」と日本企業との協力関係を紹介。全プラットホーム同士を光ファイバーでつなげ、情報共有ルートを開く事業にも、日本企業の参画が予想されているという。
 川上氏は聖州立大学土木工学科および石油工学科卒業、ドン・カブラル財団や米国ケロッグ経営大学院等をへて、1979年国営石油会社ペトロブラスに入社。2000年に東京事務所代表、2008年には南西石油社長に就任、商議所会頭もつとめた。
 来月は「サンタカタリーナ州視察見学会」、11日には金融部会がセミナー「ブラジル為替金利の見通し」(講演者=ブラジル三菱東京UFJ銀行・川原一浩取締役、午後4時〜)を開催する。
 また、JETROが7〜8月にかけて計6回、進出企業を対象とした法務・労務・税務に関する少人数制の勉強会も行う。
 ブラジル東京海上では、原島朗取締役社長が退任し酒井浩一郎氏が就任、ダイワ・ブラジル社には平岡好信氏が社長に就任したことが報告された。

image_print

こちらの記事もどうぞ