ホーム | 連載 | 2013年 | 第2次大戦と日本移民=勝ち負け騒動の真相探る=外山 脩 | 第2次大戦と日本移民=勝ち負け騒動の真相探る=外山 脩=(31)

第2次大戦と日本移民=勝ち負け騒動の真相探る=外山 脩=(31)

 興道社は未だ設立されていなかった。
 襲撃事件は多く起こったが、詳細は不明である。興道社の結社員の残した小冊子には「被害者は殆ど警察沙汰にはしなかった。利敵産業を営む後ろめたさによる」とある。
 サンパウロ州公文書保管所2000年発行の“SHINDO ? RENMEI : TERRORISMO E REPRESSAO”(臣道連盟─テロリズムと制圧─)によれば、1944年4月24日から28日にかけて、マリリアで6棟の養蚕小屋が焼き討ちされ、その後、襲撃はノロエステ線のリンス、アリアンサ、パウリスタ延長線のアンドラジーナ、ポンペイアと続き、1945年1月のノロエステ線ミランドポリスでの事件を最後に終わった……ということになっている。
 しかし、これは警察沙汰になった事件だけである。
 興道社の社長吉川は、1944年8月、オールデン・ポリチカに逮捕された。襲撃の指揮や扇動をしたという嫌疑によ ものであった。翌年までカーザ・デ・デテンソンに拘置されたが、起訴はされず、釈放されている。証拠が上がらなかったことを意味している。
 興道社は、1945年7月、臣道連盟と改称した。(当時の使用文字は臣道聯盟)

二種類の出征

 戦時中、邦人社会からも出征者が出た。人数は少ないが、戦場へ行き、戦った若者たちがいた。戦死した者も……。
 その一部は日本兵として、他はブラジル兵として……。
 前者は、戦前に日本へ帰国した一世あるいはブラジル生まれの若者である。すでに記した様に、当時は、ブラジル生まれであっても、その大部分は日本国籍を所有、自 
分自身、日本人であると思っていた。
 1930年代、ブラジルに於けるナショナリズムの昂揚の中で、日本への帰国者が増加した。その中には、戦時中、兵役適齢期になった若者が相当数いた。しかし、出征あるいは戦死した人数は、正確には判っていない。
 留学という形で日本へ行った学生については多少判っている。その一人であった馬場謙介が著書『故郷なき望郷』で、仲間の出征にふれているのである。
 その仲間は50人余おり、内、日本兵として従軍した者15人、戦死は6人とある。ただ、これは、馬場が把握できただけの数と見た方がよい。
 内山勝男著『蒼茫の92年』 には、戦死者8人の記事が出ているが、これも把握できた事例のみと見るべきであろう。馬場の仲間と重複しているかもしれない。
 8人の中には特攻隊として出撃・戦死した若者もいた。
 戦後、東南アジア方面に残留した日本兵が多く居たことは、よく知られているが、タイ残留日本兵の中に、ブラジル生まれの坂井勇という人がいたことが、日本で報ぜられ、それが1985年10月9日のサンパウロ新聞に転載された。
 坂井は、この時点で67歳。彼の家族は1913年の渡航で、当人はサンパウロの生まれ。1940年、23歳のとき、家族で日本に一時帰国したが、開戦でブラジルに戻れなくなった。その後、召集されて朝鮮、マレー、シンガポールと転戦、インパール作戦も経験した。戦後はビルマの民族解放闘争に参加、戦闘が一段落後は、そのまま残留した。「ブラジルにも行ってみたいが、金がないからな」と話していたという。  
 また、2010年9月9日のサンパウロ新聞に、ロンドリーナ在住の安中裕(84歳)という人の話が掲載されている。安中は、1928年、1歳で家族に連れられて移住したが、ゼッツリオ・バルガスの外国語教育禁止令を嫌った父親が、日本に戻ることを決意、1939年、引き上げた。45年、満州で召集を受けて入隊、シベリアに抑留され48年帰国。51年ブラジルに戻り、生活の都合上、82年に帰化した。ところが、その帰化が禍して、2010年の日本政府のシベリア特措法による、一時金の支給対象から外されたという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ≪サンパウロ市≫コロナ禍でバール半分閉店=手が届かない企業向け融資=本格的な企業倒産これからか2020年8月20日 ≪サンパウロ市≫コロナ禍でバール半分閉店=手が届かない企業向け融資=本格的な企業倒産これからか  パンデミックの直撃を受けた分野の一つは、文句なしに飲食業界だ。ブラジル・バール・レストラン協会(Abrasel)によると、新型コロナウイルスの影響でサンパウロ市にある2万3千軒のバール(軽食店)やレストランのうち、半分以上の1万2千軒が閉店した。ブラジル地理統計院(I […]
  • ヒロシ氏がブラジル陸軍少将に昇格=副大統領出席、6人目の日系将官に2019年12月14日 ヒロシ氏がブラジル陸軍少将に昇格=副大統領出席、6人目の日系将官に  ブラジル陸軍のエドソン・マサユキ・ヒロシ氏(52、三世)が、先月25日に公表された連邦政府の官報で大佐から少将に昇格し、今月5日にブラジリアの陸軍クラブで式典が開催された。日系人の陸軍将官としては歴代6人目となる。  ヒロシ氏は、1967年3月8日生まれでサンパウロ […]
  • 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?2019年10月15日 多和田葉子とコロニア作家の差はどこに?  「どうしてブラジルからは、彼女のように祖国で注目される作家が生まれなかったのか?」――10日晩、サンパウロ文化センターで行われた多和田葉子(59、ドイツ・ベルリン在住)の公開対談を聞きながら、海外在住者が持つ「外からの視点」という共通点を強く感じ、そう残念に思った。 […]
  • 日伯比較法研究の新たな時代到来=第2回日伯裁判と社会セミナー2019年10月10日 日伯比較法研究の新たな時代到来=第2回日伯裁判と社会セミナー  9月16、17日の2日間、サンパウロ州立総合大学(USP)法学部で、第2回「日伯訴訟と社会セミナー、文化の多様性とグローバルな課題」が開催された。信州大学とUSPとの間の協定により実現され、日伯の様々な研究機関と研究分野の法律関係者や学者が集まり、意見を交換する貴重な […]
  • アマゾン日本人移民90年の歩み=ベレン在住 堤剛太=(6)2019年8月16日 アマゾン日本人移民90年の歩み=ベレン在住 堤剛太=(6) ▼アマゾン地方と日本人とのつながり  ところで、日本人移民が入植するまでアマゾン地方に日本人は誰も居住していなかったのだろうか?  実は、1929年第1回アマゾン日本移民が入植した年には、同地方にすでに150名ほどの日本人達が居住していた記録が残っている。  これらの多く […]