ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年7月2日

 ダッタフォーリャの調査によると、ハダジサンパウロ市市長とアウキミンサンパウロ州知事の支持率がどちらも下がったが、「悪い/最悪」との評価が40%にまで至ったハダジ氏とは対照的に、アウキミン氏の否定的評価は20%にとどまった。さらに来年10月のサンパウロ州知事選に関する事前調査でも、アウキミン氏は2位に倍以上の圧倒的な差をつける支持率の高さで、再選圧倒的有利のデータが出ている。唯一、ルーラ前大統領が候補の場合のみ差が縮まったがそれでも勝利。果たして本番はこのとおりにことが運ぶか。
     ◎
 6月30日、雨が降りしきる寒い天候の中、「シェガ・デ・ヴィオレンシア(暴力はもう終わり)」と題したマニフェストが行われ、約2千人がサンパウロ市西部ジュセリノ・クビチェック大通りからイビラプエラ公園までを行進した。このマニフェストは殺人事件で身内を殺害された遺族らが中心になり行われた。これもサンパウロ市で切実な問題だ。
     ◎
 コンフェデ杯を見事優勝で飾ったサッカーのブラジル代表。02年のW杯時同様、低迷し、前評判の高くなかったチームを優勝に導いたフェリポン監督の評価がうなぎのぼりだが、同監督は「スペインに勝っても、まだドイツやアルゼンチンもいる。W杯優勝への道はまだ長い」と気を引き締める。今大会MVPに輝いたエースのネイマールが欧州リーグに移籍する今後、代表のさらなる飛躍を期待したい。
     ◎
 ゼネスト予定のあった1日、サンパウロ市のバスや地下鉄は正常運行だったが、サンパウロ州道は三つで封鎖などが発生。11日のゼネストはどこまで広がるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」2017年1月1日 ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」 リオ五輪後の〃大掃除〃 【深沢】さあ、久しぶりに『ざっくばらんに行こう』座談会です。 […]
  • 東西南北2017年5月20日 東西南北  来年のロシアW杯出場を決めているサッカーブラジル代表は、6月9日と13日に豪州メルボルンの地で、アルゼンチン、豪州と親善試合を行う。その代表メンバーが19日発表された。「欧州でプレーする何人かの選手には休暇が必要」との理由で、ネイマールは外された。今年2月に負傷したガブリエル […]
  • 東西南北2015年10月28日 東西南北  昨日27日は、ルーラ前大統領の70歳の誕生日だった。だが、そのタイミングで、三男ルイス・クラウジオ氏の企業にゼロテス作戦での捜査の手が伸び、自身の政権時の暫定令(MP)をめぐる連邦政府の関与も疑われる贈収賄劇が浮上した。さらに、その直前には、友人のジョゼ・カルロス・ブンライ氏 […]
  • ロシアW杯=ブラジル代表、コスタリカに勝利=終了間際の2得点で突き放す=16強入りかけたセルビア戦は27日2018年6月23日 ロシアW杯=ブラジル代表、コスタリカに勝利=終了間際の2得点で突き放す=16強入りかけたセルビア戦は27日  14日からロシアで開催中のサッカーW杯。ブラジル代表(セレソン)は22日にサンクトペテルスブルグで行われたコスタリカ戦を2対0で制し、大会初勝利を手にした。  初戦となった17日のスイス戦を1対1で引き分けたセレソンは、一次リーグ突破のために是非とも勝利が欲しい状況 […]
  • ロシアW杯=コスタリカ戦に挑むブラジル代表=初戦ドローのショック払拭か?2018年6月22日 ロシアW杯=コスタリカ戦に挑むブラジル代表=初戦ドローのショック払拭か?  22日朝9時(ブラジリア時間)より、ロシアのサンクトペテルスブルグでロシアW杯のブラジル代表第2戦、対コスタリカ戦が行われる。  ブラジル代表は、17日に行われた初戦の対スイス戦を1対1で引き分け、W杯の初戦としては10大会、40年ぶりに勝利を逃した。ブラジルでは、 […]