ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年4月3日

 3月27日にサンパウロ市中央部セーで頭の部分が発見されたバラバラ死体に関して、3月から行方不明になっていたある男性の親族が「同一人物ではないか」と名乗り出ていたことが明らかになった。この親族は切り取られた頭部の写真を見て「ほぼ間違いない」という判断を下しており、さらに、市警の殺人課(DHPP)が作成した顔面の復元写真も、その男性によく似ているという。被害者は40代前半と見られている。その男性であるかどうかのDNAテストには向こう15日はかかるが、DHPPは、「謎の多い今回の事件の解明の一歩」として、前向きに捉えている。

サンパウロ市の電車内での痴漢が話題の昨今だが、3月31日に、パラー州ベレン国際空港で、空港インフラ業務公社(INFRAERO)の技術系役員(53)が、空港内の上りエスカレーターで女性の後ろに立ち、タブレット型コンピューターを差し出し、女性のスカートの中の様子を録画していたところを取り押さえられた。この模様は、空港内のほかの女性によって証拠として録画され、警察に証拠として提出された。空港業務の役員が公の場で痴漢とは。

1日のサッカーの欧州チャンピオンズ・リーグ準々決勝、スペイン同士の対戦となったバルセロナ対アトレチコ・マドリッド戦で元サントス勢2選手の活躍が話題となった。アトレチコはジエゴが先取点をあげ、試合を優勢に進めたが、敗色濃厚だったバルセロナの負けを救ったのはネイマールのゴールだった。このカードは9日にもう1試合行われる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2014年9月2日 東西南北  5日と9日に米国で開催される、サッカーW杯後初となるセレソンの国際親善試合だが、直前のタイミングの8月31日、2人の選手の交代が発表された。1人はサイドバックのアレックス・サンドロで、もうひとりがW杯レギュラーのフォワードのフッキで、いずれも試合での負傷が理由の不参加とな […]
  • 東西南北2018年3月8日 東西南北  6日午前、複数の市をまたいで走るEMTUのバスと、トラックがサンパウロ大都市圏エンブグアスーで衝突し、2人が死亡、25人が重軽傷を負う事故が起きた。同日午前8時30分頃、プレフェイト・ベント・ロジェール・ドミンゲス道のきついカーブの部分で、イタペセリカ・ダ・セーラ行きのバスが […]
  • 東西南北2015年9月18日 東西南北  17日午前、10月8日よりはじまるサッカーW杯の南米予選に向けたセレソンのメンバーが発表された。今回の人選は最初の2試合はネイマールが出場停止となっていることもあり、注目されたが、今月上旬の米国での親善試合同様、フッキやルーカスといった実績組で穴を埋めることになりそうだ。また […]
  • 東西南北2013年2月5日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年2月5日付け […]
  • 東西南北2013年3月6日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年3月6日 […]