ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 10日のサンパウロ大都市圏での大雨は、至るところで市民生活に大きな影響をもたらした。雨の影響は土砂崩れなどによる直接的な被害だけではなく、交通渋滞で数時間も車の中で待たされることになった人や、CPTMやバスの運行が滞ったことで通勤や通学に支障が生じ、欠勤などを余儀なくされた人も多かった。また、月の半ばにも達していない11日午前9時の時点で、2月の降水量が150~200ミリを記録している所が多数ある。各水系の水位も、カンタレイラが50%台に乗り、他は全て85%を超えている。雨雲は既にリオ州に進み、今日はエスピリトサント州やミナス州にも雨をもたらす見込みだ。水害ができるだけ少ないことを願いたい。

     ◎

 今回の雨は、サンパウロ市のカーニバルに出場するエスコーラ・デ・サンバにも被害をもたらしている。ローザ・デ・オウロ、ペロラ・ネグラ、インペリオ・デ・カーザ・ヴェルデといった、スペシャルグループに出演する有名エスコーラでは、パレード用の山車などを準備していた施設が浸水し、山車や衣装の多くが台無しになった。もう、カーニバルまで2週間を切ったこの時期に災難だが、この突然のアクシデントを乗り越えることができるか。

     ◎

 こうした大雨が降った10日も、サッカーのサンパウロ州選手権は開催された。雨はサンパウロ大都市圏のみならず、海岸部でも強かったというが、サントスは同夜、本拠地ヴィラ・ベルミロで行われた試合で、ボタフォゴSPを2―0で下した。強い雨が降りしきる中、会場には3千人ほどのファンが見に来たという。ファンたちの熱意には恐れ入るばかりだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • (リオのカーニバル)50年前、ジャニス・ジョプリンが訪れる 薬物治療目的が終日飲酒した、女性ロック歌手の先駆2020年2月7日 (リオのカーニバル)50年前、ジャニス・ジョプリンが訪れる 薬物治療目的が終日飲酒した、女性ロック歌手の先駆  50年前の2月6日、世界における女性ロック歌手の先駆、ジャニス・ジョプリンが、薬物中毒の治療のためリオ市にやってきた。だが、カーニバル期間中だったがために、終日、酒を飲んで過ごしていたということが、ブラジル国内でひとつの伝説として語られている。  リオのカーニバルに観光で訪 […]
  • 《ブラジル》カーニバル、今年の“顔”は?=「TVはネタの宝庫」とお面職人2019年2月12日 《ブラジル》カーニバル、今年の“顔”は?=「TVはネタの宝庫」とお面職人  暦の上では、今年のカーニバルは3月5日。サンパウロ市では3月1日からサンバチームのスペシャルグループのパレードが始まる。中小規模のブロッコが街を練り歩く、道のカーニバルはすでに盛り上がり始める中、恒例の有名人、話題の人物のお面が売られ、好評を博している様子や、主要エス […]
  • 東西南北2019年3月1日 東西南北  今日1日深夜から、2夜連続で、サンパウロ市カーニバルのスペシャル・グループのパレード(デスフィーレ)が行われる。会場はおなじみの北部アニェンビのサンボードロモだ。初日の注目エスコーラは、昨年、一昨年と2年連続覇者のアカデミコス・タトゥアペーで、2日3時35分に登場。その他の強 […]
  • 東西南北2019年10月16日 東西南北  15日のPSL党首ルシアノ・ビヴァール氏への連警による家宅捜査は、同氏とボウソナロ大統領の仲を決定的に引き裂く原因になりかねない。一部情報によると、大統領長男のフラヴィオ上議、三男のエドゥアルド下議がボウソナロ氏のPSL残留に向けて工作をはじめているなどの報道もあった矢先。政 […]
  • 東西南北2019年7月18日 東西南北  15日早朝、サンパウロ市西部のパルメイラス・バーラ・フンダ駅で、8歳の男の子と13歳の女の子(兄弟)が、38口径の銃を持って歩いているのが見つかり、警備員に保護されるという事件が起こった。2人は「両親が酔って口論となり、父親が銃床で母親を殴り始めたから」、父の手から銃を取り上 […]