ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年7月6日

 ロンドリーナで開かれたエキスポジャパン。武道、音楽、舞踊、書道、生け花、特別展「日本人形」、日本食など様々な日本文化紹介イベントが開かれ、約2万5千人の来場で賑わった。併催された「第52回農産品評会」には199生産者が出品、「第2回農業技術展」では新技術の紹介や講演会、3カ月前から会場にビニールハウスを設置し、トマトやメロンの栽培の仕方を実演するなど大掛かりな催しも。県連日本祭りにも負けない勢い。
     ◎
 94歳で亡くなるまで社説を書きつづけたサンパウロ新聞の万年編集長、主幹だった故内山勝男さんの妻、静江さんが3日脳溢血で亡くなった。享年87。晩年は弊紙の愛読者で、憩の園に入園するまではよく編集部に電話をくれ、記事に関する激励や批判を聞かせてくれた。この1月にも山崎釼二連載で取材に応じてくれたばかり。2日には聖母婦人会のバザーで30年以上も寿司を担当してきた古参の中矢キサさん(享年92)も亡くなった。以前の日本移民の日のミサでキサさんが言っていた「この日を忘れちゃいけない。子弟に日本文化や日本語を伝えていくのは難しいが、これからも続けていかなくては」との言葉が耳に木霊した。
     ◎
 本紙編集部は最近、インターネット上での発信に力を入れている。フェイスブックのファンページ(www.facebook.com/nikkey.shimbun)では、紙面に載せきれない写真などを掲載、公式サイトでは今月3日から『ブラジル・トピックス』としてブラジル社会情報を発信。ぜひご覧あれ!

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2014年8月28日 大耳小耳  青森県人会の創立60周年記念式典には、母県から28人もの慶祝団が訪れた。式典後も「記念交流会」が開かれ、研修成果や今後の県との交流について意見が交わされる予定だったが、3人程度が研修の感想等を述べたにとどまり、出席した役員によれば「何の成果もなかった」とか。母県側にしても […]
  • 一度だけ身内の話を2018年7月31日 一度だけ身内の話を  かつて身内のことを、本コラムで書いたことはない。  だが社長から「今回の眞子さまの取材では記者が全伯を飛び回って、全員ががんばった。ポルトガル語編集部も。そのことを一度ぐらい書いてくれ」と言われた。  もしも吉田尚則前編集長に「身内の話を書いてもいいか」と相談した […]
  • 「島唄」宮沢が7月式典で熱唱=移民の日、千人の大法要に!=菊地実行委員長 リッファ購入呼びかけ2018年6月14日 「島唄」宮沢が7月式典で熱唱=移民の日、千人の大法要に!=菊地実行委員長 リッファ購入呼びかけ  7月21日のブラジル日本移民110周年式典まで残り僅か一カ月――それに先駆けて、17日午前8時半からイビラプエラ公園の先没者慰霊碑は例年通りだが、10時半から文協大講堂にて催される移民の日の「開拓先没者追悼法要」の方は節目の年に相応しく、千人規模の大法要になる見込みだ […]
  • 110周年式典=総勢2千人の豪華芸能ショー=龍、大蛇、獅子が共演?!=今年一番、見逃せない大舞台2018年5月11日 110周年式典=総勢2千人の豪華芸能ショー=龍、大蛇、獅子が共演?!=今年一番、見逃せない大舞台  7月21日午前11時から県連日本祭り会場で開催される「ブラジル日本移民110周年記念式典」。その前後に、総勢2千人の出演者による特別な豪華芸能ショーが予定されている。テーマは「結―次世代に繋ぐ未来への懸け橋」。30以上の芸能団体が流派や年代を超えて結束し、演目を繋いで […]
  • ドリア市長=再び日系社会に言いたい放題=韻を踏んで辛らつな放言=東洋街活性化は池崎氏主導2018年4月12日 ドリア市長=再び日系社会に言いたい放題=韻を踏んで辛らつな放言=東洋街活性化は池崎氏主導  【既報関連】「コムニダーデでなく、これはデスコンチヌイダーデ(不連続)だ」――日本移民110周年を記念した官民合同事業を議論する、サンパウロ市行政関係者と主要日系団体代表者による「第5回会合」が先月21日に開かれた。そこで〃官民合同事業〃の資金集めが難航していることが […]