ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年7月17日

 「最近メールを書く時〃オバマによろしく!〃って、忘れずに書き加えるのを励行しているよ。だって彼は読んでるんだろ」。米国の国家安全保障局(NSA)がインターネットや電信電話網を通じて南米諸国にもスパイ行為をしていたことが暴露された時、CNNラジオのアナウンサーが視聴者からのそんな便りを紹介していたのを聞き、思わず爆笑した▼この件で、ジウマ大統領はもちろん欧州南米の首脳は怒っているようだが、本心はどうなのか。クルツゥーラ局の外国特派員討論番組に出たコロンビアの特派員は「うちの国でも大統領が怒った振りしているけど、心の中では『そんなこと、とっくの昔に知ってるよ』と舌を出している」と冷静な意見を出していた。内部告発されたから大暴露となったが、日本語ニュース上では数年前から「エシュロン」名で騒がれていたシステムだ▼グローボ局のアナウンサーが言った「ブラジルでは、法律で刑務所内の囚人の携帯電話利用を禁じているが、実際はまともに管理できていない。刑務所すらそんな状態なのに、どうやって米国のスパイを防止できるのか?」とのマジメな正論にも納得▼とはいえ、最近最も笑わされた〃金言〃は、コンフェデ杯決勝戦でスペイン代表相手に最初の1点目を、ゴール前で倒れながらも決めたフレジ選手のコメントだった。闘志溢れるチームの雰囲気を作った熱血男が、試合後に「今まで寝ながらいろんなイイ事をしてきたが、ゴールだけは初めてだ」と色男らしいコメントをしたのには笑わされた。それで何かが解決されるわけではない——が、とりあえず、そのユーモアの絶妙さには脱帽だ。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 極右を「正義」にしてしまった二人の張本人2018年11月9日 極右を「正義」にしてしまった二人の張本人  「ブラジルの“極右”観が他の国と比べてきわめて特殊だ」ということを、コラム子は2日付の当コラムで書いた。そのときは「極右に対しての危機感の欠如」を指摘したが今度は、極右を「正義」だとさえ思っている人が少なくないことを指摘しよう▼「差別主義者的な言動をしておいて何が正義 […]
  • 争点不毛なままの情けないブラジル大統領選2018年9月21日 争点不毛なままの情けないブラジル大統領選  現在、大統領選真っ盛りのこの時期。連日、報道も盛り上がっている。だが、ブラジルに住む外国人(日本人)として「こんな選挙でこの国は本当に大丈夫なのか?」と正直なところコラム子は大いに不安だ▼それは、投票日まで3週間を切った現在の状態で、いまだにこの国にとって急務に思える […]
  • 〃時代の振り子〃が右に振れ始めた!=テクノロジーの進歩で生まれた民主主義の隙突く=デジタル空間のクーデターか2018年10月30日 〃時代の振り子〃が右に振れ始めた!=テクノロジーの進歩で生まれた民主主義の隙突く=デジタル空間のクーデターか  今年、リベルダーデで一番賑やかだった街頭の打ち上げ花火は、サッカーW杯ではなく、ジャイール・ボウソナロの当選だった。  半年前、支持率トップでありながらも、大半の国民からは「どうせ本命ではない」と期待を込めて思われていた人物が、最後までトップを保った。  本人もグ […]
  • なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?2018年2月6日 なぜ先進国首脳陣はブラジル訪問を避けるか?  《アメリカに新しい帝国権力(novos poderes imperiais)はいらない》―エスタード紙(E紙)2日付によれば、米国のレックス・ティラーソン国務長官は先週、6日間でラ米5カ国を外遊するのに先駆けて、そう宣言した。 […]
  • 「ジウマ罷免」に傷をつけないためにも2018年8月3日 「ジウマ罷免」に傷をつけないためにも  7月31日、エーリオ・ビクード弁護士が亡くなった。2016年のジウマ前大統領の罷免請求を作成した主要弁護士だ▼コラム子自身もそうだったが、あのジウマ氏の罷免はあくまで「腐敗権力の打破」であったことを望んでいる。キャンペーンで対抗馬に卑劣な言葉ばかりを吐き、選挙当初から […]