ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年8月1日

 7月30日午後6時頃、サンパウロ市西部ピニェイロスで、アウキミンサンパウロ州知事に対するプロテストと称したデモ隊の一部約30人が200人ほどの軍警と衝突し、20人が逮捕された。周辺のレボウサス大通りではデモ隊が銀行の支店や自動車販売店を襲い、投石などによる被害も出た。デモ隊には公共器物破損などを標榜する黒服に身を包んだ無政府集団「ブラック・ブロックス」のメンバーが絡んでいた模様。この集団はリオでのデモなどにも参加している。住人は暴力に対する不満や恐怖を口々に訴えている。
     ◎
 7月30日午後4時35分頃、CPTM7号線のピケリ駅とピリトゥーバ駅間でルス方面行きの電車が脱線する事故が起きた。この事故による負傷者は出ていないが、7号線はピケリ〜ルス駅間が2線で約2時間、しかもラッシュアワーの真っ只中に不通となった。CPTMは17時10分より緊急バスを発車させたが、このバスに乗るのにももうひと混乱起きた。7号線は18時20分に運転を再開したが、プラットフォームはごった返し、余波が続いた。
     ◎
 ネイマールがバルセロナFCの一員としてはじめて試合に出場した。7月30日にポーランドで行われた同国のクラブ・チーム、レヒア・グダニスカとの試合で、ネイマールは後半33分から出場。15分の出場で得点はなかったが、五つのファウルを受けるなど、早速、相手からの厳しいマークを受けていた。なお、新たに同僚となった世界最高選手メッシはネイマールが出場する10分前に選手交代で下がっていたため、夢の共演はお預けとなった。

image_print

こちらの記事もどうぞ