ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年8月3日

 1日午後8時頃、サンパウロ市パウリスタ大通りでアウキミンサンパウロ州知事とリオのセルジオ・カブラル知事に反対するデモ隊と軍警が衝突して、逮捕者が出た。これはデモ隊が軍警に手製爆弾と石を投げつけたことによって起きたという。また、その直前には、ブリガデイロ・ルイス・アントニオ大通りで500人がデモ行進を行っていたところ、軍警がその模様を写真に収めたのにデモ隊が反応して騒動が起き、若い女性が1人負傷した。デモ隊が何人かの警察官を囲み、石を投げるなどの暴行を加える場面も見られた。
     ◎
 1日午前、アウキミン州知事は、その前日に行われたジウマ大統領からの地下鉄批判に応えた。大統領は「サンパウロ市の地下鉄は世界の大都市の中でもっとも遅れている」と発言したが、知事は「サンパウロ市の地下鉄はよくできている」とし、「連邦政府にもっと支援を頼むつもりだよ」と応えた。現在のサンパウロ市地下鉄の長さは同じ頃に建設されはじめたメキシコ・シティの3分の1ほどしかないが、ジウマ大統領からの支援も州の地下鉄予算の2%ほどに過ぎない。
     ◎
 パルメイラスの新本拠地アリアンス・パルケの現在の写真が公開され、コベルトゥーラ(屋根)がかけられはじめた姿が写し出された。同スタジアムは現時点で65%完成しており、来年の1〜3月からの使用開始が予定されている。現在パルメイラスは全国選手権2部で首位を行き、この調子で行けば来年は1部復帰と共に新スタジアムを迎えられる。また、コリンチャンスの新本拠地イタケロン・スタジアムも来年1月からのサンパウロ州選手権から使用開始の予定。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2014年4月23日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年4月23日  ブラジルでも〃ガボ〃の愛称で親しまれた文豪ガブリエル・ガルシア・マルケス氏の死に対し、ブラジルの有名人も次々と追悼の辞を捧げている。ジウマ大統領は「彼は子供に新しい世界を紹介するように読者を架空都市マコンドへと誘った」とし、ルーラ前大統領は […]
  • 東西南北2012年6月23日 東西南北 ニッケイ新聞 2012年6月23日付け […]
  • 東西南北2010年10月20日 東西南北 ニッケイ新聞 2010年10月20日付け […]
  • 東西南北2018年7月31日 東西南北  ブラジルでは現在、大統領選に向けた党大会の真っ最中だ。次の日曜の5日までが開催期間だが、ほとんどの大統領候補はいまだに副候補が決まっていないのが現状だ。大型連立に成功したジェラウド・アウキミン氏は、たくさんの支援政党の中から誰を選ぶのかが注目されるし、少数政党の人気候補ジャイ […]
  • 東西南北2017年11月1日 東西南北  世界銀行発表のデータによると、2015年のブラジルには、1日の生活費が5・5ドル以下の貧困者が、国民の22・1%にあたる4550万人いた。貧困者の定義は1日の生活費が1・9ドル以下だったが、平均所得向上などで5・5ドルに改定された。労働者党(PT)政権初年の2003年は人口の […]