ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年8月8日

 5日にリオで生後12日の女児ジェニファーちゃんが誘拐され、母親のディアナ・オリヴェイラ・ダ・シウヴァさんが市西部の雑木林で遺体となって発見されるという事件が起きた。警察は6日、ジェニファーちゃんを抱え、母親のふりをして歩いていたミシェレ・ヴィエイラ・メロ容疑者(24)を誘拐容疑で逮捕。同容疑者はディアナさんの殺害を否定していたが、7日に殺害も認めた。ミシェレ容疑者は赤ちゃん欲しさに、「その子が着られるような服があるからあげる」と言ってディアナさんに近づいたという。
     ◎
 6日未明、午前0時4分にリオのガレオン空港を発ったパリ行のTAM航空JJ8054号がバイーア州サルヴァドールのルイス・エドゥアルド・マガリャンエス国際空港に緊急着陸した。これは飛行中、機長の体調が悪化したことによるもので、副機長が代わって操縦を行った。TAM航空はそこで一旦乗客を降ろし、ホテルへ斡旋。乗客たちは同日12時、JJ9374便に振り替えてパリへと向かった。乗客的には不具合だが、大事故が防がれたという意味では良かったか。
     ◎
 ブラジリア時間の7日午前、日本の鹿島スタジアムで行われた対アントラーズ戦で、サンパウロFCは2—3で敗れた。0—2の劣勢をはねかえし、一時は同点に追いついたものの、試合終了間際に大迫勇也にハットトリックとなる3点目を決められた。サンパウロはルイス・ファビアーノ、ルシオ、ジャジソン、オズワルドの主力を一足先に帰らせていたが、その結果敗戦では、落ちている調子も上がらないか。

image_print

こちらの記事もどうぞ