ホーム | 日系社会ニュース | 戦後移住50周年桜を愛でよう=USPで『お花見会』、23日

戦後移住50周年桜を愛でよう=USPで『お花見会』、23日

ニッケイ新聞 2013年8月20日

 ブラジル・ニッポン移住者協会(小山昭朗会長)は23日午前11時から、サンパウロ大学体育学部構内(Nuclo de Recreacao infantil, Portao 25)で『お花見会』を開く。
 戦後移住開始50周年を迎えた2003年、同協会のメンバーと有志の参加者らによって植えられ、管理されてきた桜の鑑賞を楽しむ。
 午前9時半には、ニッケイ新聞前(Rua da Gloria, 326)から会場行きのバス(10レアル)が出る。
 申し込みは小山会長(11・99946・5134)、または大矢さん(同・98158・1534)、杓田さん(同・96182・2468)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ