ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年9月12日

 カルドーゾ元大統領が10日、ブラジル文学アカデミー(ABL)の終身会員に就任した。同氏の就任は、6月の選挙で39人中34票を獲得して決まっていた。約40年に渡り24冊の本を執筆してきたカルドーゾ氏は、会員の証である金の刺繍をあしらった深緑のジャケットにメダルと剣といういでたちでご満悦。就任スピーチでは、元大統領らしく伯国の現在を嘆く心境を吐露。「政界で談合主義がまかり通り、マニフェストを興した国民の不満の声にも耳を貸そうとしない。これは民主主義の危機だ」と強く訴えていた。
     ◎
 今月の21日朝8時から22日夕方6時にかけて、聖市内200カ所で1日中スポーツを行う「スポーツ版ヴィラーダ」が開催され、その記者会見が10日に行われた。ハダジ市長と市のスポーツ・レジャー局のセウソ・ジャテネ局長が出席した会見には、ミナス・ジェライス州が生んだスケートボード世界王者サンドロ・ディアスも参加。スケートボードとヘルメットを市長に贈呈し、共に記念撮影を行った。ハダジ市長は同スポーツを「もはやサッカーに次ぐ人気スポーツ」と誉め称えた。
     ◎
 世界各地で14年W杯出場国が決まりはじめているが、南米予選5位で当落線上にあるウルグアイが10日、地元で2位のコロンビアに2—0で勝ち、進出に望みをつないだ。これで残り2試合の段階で4位エクアドルと勝ち点で並び、6位ベネズエラと3点差になった。4位までは自動的にW杯進出となるが、6位だと落選。5位はアジア地区5位と進出決定戦を行わなければならない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2015年6月11日 東西南北  聖市民からの低い支持率に悩むフェルナンド・ハダジ聖市市長だが、その理由は連邦政府からの援助の少なさにもあるかもしれない。10日付アゴラ紙によると、市は連邦政府に対し、保育園建設に2億5千万レアル、バス道建設に45億レアルの援助を求めているが、現在のところ、連邦政府からの援 […]
  • 東西南北2014年5月15日 東西南北  13日、ブラジル・サッカー連盟はW杯の伯国代表の補充メンバー7人の発表を行なった。選ばれたのはキーパーのジエゴ・カヴァリエリ、センターバックのミランダ、サイドバックのフィリペ・ルイスとラフィーニャ、ボランチのルーカス・レイヴァ、フォワードのルーカスとアラン・カルデッキの7 […]
  • 東西南北2014年5月27日 東西南北  サッカーW杯にまつわる聖市の休日は、イタケロン・スタジアムで行なわれる開幕戦、伯国代表対クロアチア戦が行なわれる6月12日のみとなった。フェルナンド・ハダジ市長が、市議会で行なわれた投票をもとに採択した。ただし、ホテルなどの旅行、宿泊関係施設やショッピング、レストランなど […]
  • 東西南北2013年7月31日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年7月2日  ダッタフォーリャの調査によると、ハダジ聖市市長とアウキミン聖州知事の支持率がどちらも下がったが、「悪い/最悪」との評価が40%にまで至ったハダジ氏とは対照的に、アウキミン氏の否定的評価は20%にとどまった。さらに来年10月の聖州知事選に関する […]
  • 東西南北2013年10月24日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年10月24日  ハダジ聖市市長が南部パライゾの自宅から市庁舎のあるセントロまで、バス通勤するのは珍しいことではなくなりつつある。バスレーン設置のことで市民からほめられることの多い市長だが、22日午前の通勤では、市民の不満を受ける場面も見られた。ある高齢女 […]