ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ブラジルサッカー連盟(CBF)は15日、16日からCBF主催の大会や試合の無期限中断を発表した。声明には「現在実施中のCBF主催の全国規模の大会(ブラジル杯、女子全国選手権1部、2部、17歳以下ブラジル選手権、20歳以下ブラジル杯)の試合は再開予定日時を決めずに中断する」と書かれていた。各州選手権は各州サッカー連盟の判断に任された。リオ州、サンパウロ州、リオ・グランデ・ド・スル州、ミナス州などの選手権は中断の予定だ。「サッカーの行われないブラジル」という超異例の事態だ。
     ◎
 コロナウイルスは既に全世界を巻き込んだ危機になっているが、その他の危機も待ってはいてくれない。ブラジル保健省の国内伝染病問題報告書によると、デング熱は今年、サンパウロ州だけで6万1千人の患者が発生。サンパウロ州はデング熱発症数トップで、2位は5万2600件のパラナ州、3位は2万5千件のミナス州だ。保健省によると、今年の発生件数は昨年より70%も多い。今年は雨が多く、1月の気温が上がらなかったことが、デング熱流行を2月、3月にずれ込ませた。中旬から暑くなってきた3月は被害拡大が予想される。コロナ予防だけでなく、ヤブ蚊の繁殖予防もお忘れなく。
     ◎
 ボウソナロ大統領が15日、コロナ感染の疑いが晴れるまで観察期間中であるにも関わらず、デモ参加者と接触してひんしゅくを買ったが、リオ州でも、夏の終わりを楽しもうとする人たちが海岸に繰り出し、保健省が避けるようにと勧める人ごみ状態に。ヴィッツェル知事はバールやアカデミアを閉めるよう命じる知事令を出すようだが、市民が素直に従うか?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年3月3日 東西南北  サンパウロ市のカーニバルは期間中ずっと曇り空や雨が続き、例年になく寒い天気が続いていたが、2月29日~3月1日の土日に、公式カレンダー最後となるイベントが行われた。結局、最後の最後まで天気が回復することはなく、肌寒い中でのブロッコ行進だったが、人出には影響がなく、大勢の人数で […]
  • コロナ災禍拡大=感染者1万2千人、死者550人超=サンパウロ州は外出自粛令を延長=最速で感染ピークはセアラー=ファヴェーラに広がる危険2020年4月7日 コロナ災禍拡大=感染者1万2千人、死者550人超=サンパウロ州は外出自粛令を延長=最速で感染ピークはセアラー=ファヴェーラに広がる危険  【既報関連】ブラジル国内の新型コロナウイルス感染症(COVIDー19)の感染拡大は止まらず、6日午後4時半過ぎの保健省の発表では、感染者は、1万2056人、死者の数は553人となった。各州の取り組みも含め、6日付現地各サイトが報じている。  ブラジル北東部9州の連合 […]
  • 《ブラジル》新型コロナウイルス感染者9056人、死者359人に=4日には1万人の大台超え確実か=連日1千人超の増加判明2020年4月4日 《ブラジル》新型コロナウイルス感染者9056人、死者359人に=4日には1万人の大台超え確実か=連日1千人超の増加判明  【既報関連】ブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続き、3月31日以降、感染者は連日、1千人以上増加を記録中だ。国民の半数がコロナ感染者が確認された市に住んでいる状態で、午後5時の保健省の発表での感染者は前日比1146人増の9056人、死者は60人増の359人とな […]
  • 《新型コロナ》ブラジルの感染者は2915人、死者も77人に=北東部、中西部でも初めて死者確認2020年3月27日 《新型コロナ》ブラジルの感染者は2915人、死者も77人に=北東部、中西部でも初めて死者確認  【既報関連】ブラジルで最初の新型コロナウイルス感染症(COVIDー19)患者発見から、26日で30日となったが、同ウイルス感染者とそれによる死者は25、26日も増え、26日午後5時現在の感染者は2915人、死者は77人に達した。26日付現地サイトが報じている。 […]
  • 東西南北2020年1月23日 東西南北  18日からコロンビアで男子サッカーのU23南米選手権(東京五輪予選)が開催されており、決勝リーグに進めば、U23代表選手は2月9日まで拘束される。だが、サッカーサンパウロ州選手権は22日に開幕しており、コリンチャンスはペドリーニョとアラオス(チリ)、サンパウロはアントニーとイ […]