ホーム | 日系社会ニュース | 県連日本祭りに黄色信号=会場賃料3倍、90万レに=執行部「到底考えられない」=進まない代替地選び

県連日本祭りに黄色信号=会場賃料3倍、90万レに=執行部「到底考えられない」=進まない代替地選び

ニッケイ新聞 2013年9月13日

 またもや存続の危機——。ブラジル日本都道府県人会連合会(園田昭憲会長)が主催する『県連日本祭り』の来年度の開催に黄信号が灯った。昨年に引き続き会場設定の問題だ。現行の開催地であるイミグランテス展示場の管理団体が切り替わったことで、来年の予定賃貸料が今年の3倍となる90万レアルになることが判明。園田会長は「値下げ交渉に加え、他の会場の選別も進めているが、正直全く先が見えない」とため息混じりに話した。

 昨年の同時期、翌年に控えた管理団体の切り替えによる賃料高騰、それに伴う改修工事が7月に予定されていたことで中止が検討された経緯がある。しかし、双方ともに延期されたことで今年は無事開催されたが、先送りされていた問題が再燃した格好だ。
 執行部は先月末の月例代表者会議で、管理団体が9月1日付で切り替わることを各県人会代表者に説明。司会を務めた山田康夫会計からは「賃料が跳ね上がる可能性があり、そうなれば継続は難しい。これという代替地の選定も進んでいない」と現状が語られ、開催の是非を問う意見交換もあった。
 管理団体との交渉には今月6日、執行部役員6人が赴いた。提示金額はなんと90万レ。「到底考えられない数字」(園田会長)だが値下げ要求を行ない、返答を待っている状態だ。
 施設の使用範囲を限定することで、値段の引き下げを交渉する案もあるようだが、園田会長は「会場の問題が長引けば長引くほど、スポンサー集めが遅れる。役員一同方法を必死に模索しているが、非常に難しい状況」と苦渋の表情。
 代替会場の候補には、聖市のアニェンビーの国際展示場、サントアマー区のレプレーザ・グァラピランガなどが検討されており、執行部役員の1人は「運営に欠かせない学生ボランティアの協力を要請するためにも、開催時期は長期休暇のある7月のみ。W杯を避けると日程は選べない。値段交渉が上手くいっても予約ができるかどうか」と頭を悩ませている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • 開催に賛成する代表者一同2014年8月16日 県連=来年の日本祭り開催を決定=外交120周年事業の目玉に=安倍首相来伯で勢いつく=「不安要素は選挙結果」  ブラジル日本都道府県人会連合会(本橋幹久会長)は14日、臨時代表者会議を文協ビルの県連会議室で開き、各県人会代表者約45人出席のもと、満場の支持を得て「第18回日本祭り」の開催を決定した。高騰した会場費の問題から開催が危ぶまれていたが、先日来伯した安倍晋三首相の日本祭り支 […]
  • 忘年会での乾杯の様子2014年12月25日 県連=代表者会議と忘年会開催=120人で労ねぎらう  ブラジル日本都道府県人会連合会(本橋幹久会長)の12月度代表者会議と忘年会が19日、聖市のブルーツリーホテルで行われ、会議には約40人、忘年会には約120人が出席した。 代表者会議は、15日に亡くなった山形県人会長・押切壮フラヴィオさんへの黙祷で始まり、本橋会長の挨拶、来 […]
  • 桐野リカルド、中村セリナさん(左から)2014年7月9日 日本祭り・郷土食ブース=(下)=「来年も!」と若手の声=目を細める古参会員ら  愛知は味噌串カツと味噌煮込みうどんで郷土の味を表現。特製味噌をつけた串カツは、肉好きな非日系にも大好評だった。小松ジェニー元会長は「味噌汁などが伯人にも広く知られたおかげ。中には味噌をつけずに食べる人もいるけど、肉自体にも味噌味を付けてあるんです。愛知の人には邪道だと […]
  • 沢山の来場者2014年7月8日 日本祭り=大盛況! 18万人来場=W杯の影響、ものともせず=文化体験スペースも人気  ブラジル日本都道府県人会連合会(本橋幹久会長)主催の『第17回日本祭り』が聖市イミグランテス会場で4~6日にあった。W杯と日程が重なったことで人出を危ぶむ声もあったが、前年同様、約18万人が来場した。特設舞台では太鼓やダンスなど約100演目が披露され、ミスニッケイコンテス […]