ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年9月14日

 13日よりリオで伯国おなじみの大型ロック・フェスティバル「ロック・イン・リオ」がはじまった。今回で通算5回目となるロック・イン・リオは、発券した45万枚のチケットがすぐに完売するなど開催前から話題となっていた。同イベントは13〜15日、来週末19〜22日の2回に分けて行われるが、会場まで見に行けない人もケーブルTVのムルチショウでほぼ完全生中継されるので自宅での観賞も可能だ。なお、ビヨンセは15日、ブルース・スプリングスティーンが18日など、同イベントの目玉出演者10組以上が聖市でもコンサートを開くことも注目される。
     ◎
 大聖市圏バルエリで11日夜、危険な蛇行運転をしていた車を追い越そうとした男性が、追い越しざまに蛇行運転の運転手からいきなりピストルを発射された。銃弾は後部座席に座っていた1歳7カ月の娘の腰からそけい部を貫通。女児はそのままバルエリ市営病院に運ばれ手術を受けた。女児の命には別状はなかったが退院日などは不明だという。辺りには防犯カメラもなく、銃撃した犯人は身元確認が取れていない。父親はこのとき無免許運転で罰金刑必至で踏んだり蹴ったりだ。
     ◎
 サンパウロFCが、12日に聖市モルンビ・スタジアムで行われた対ポンテ・プレッタ戦で1—0で勝利し、電撃復帰したムリシー・ラマーリョ監督に初白星をプレゼントした。06〜08年の全国選手権3連覇監督の就任にファンの期待は高く、この日もシーズン半ばの平日にも関わらず入場券は売り切れだった。2部降格危機脱出にはずみをつけたいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年11月13日 東西南北  11日、SBT局が毎年主催する恒例のチャリティ番組「テレトン」の中で、ブラジルを代表する名司会者で同局社主でもあるシルヴィオ・サントスが、ジャイール・ボウソナロ次期大統領に電話をかけ、「これからの8年はあなたに、その次の8年を(次期法相の)セルジオ・モロ氏に大統領をつとめても […]
  • 東西南北2018年10月11日 東西南北  7日の大統領選一次投票後、ジャイール・ボウソナロ氏の支持者による暴力犯罪が多発している。9日付本面では、バイア州でハダジ氏支持のカポエラ師がボウソナロ支持者に刺殺されたことを伝えたが、8日にはリオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレで、ボウソナロ氏に反対する女性の運動「エレ […]
  • 東西南北2018年10月27日 東西南北  今月中旬に、サンパウロ市地下鉄1号線、2号線と連結した5号線の営業が通常化したことで、5号線の利用者が倍増して話題となっているが、今日は、地下鉄4号線のサンパウロ/モルンビ駅が開業することとなった。これができると、これまでバスでしか行けなかった、サンパウロFCの本拠地で、有名 […]
  • 東西南北2017年4月21日 東西南北  本面でも報じているように、ルーラ元大統領にまつわる疑惑のひとつ、アチバイアの別荘問題に関して、オデブレヒト社側から疑惑を後押しする証言が相次いでいる。それにも関わらず、18年大統領選での同氏の人気は依然、高いままだ。イボッピが20日に発表した大統領選挙のアンケートによると、「 […]
  • 東西南北2018年1月30日 東西南北  ブラジル電信インフラ協会が先頃、サンパウロ市内における携帯電話のつながりの良い地区と悪い地区の上位10カ所を発表した。それによると、最もつながりやすいのは1位のセー(セントロ)、2位のモルンビーと、10位までは全てセントロと西部地区で占められた。逆に最も悪いのは1位のシダーデ […]