ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年9月21日

 18日の最高裁でのメンサロン上告裁判での「再審理決定」の判決は多くの国民を落胆させ、抗議行動を起こす人たちの姿も決して珍しくないが、TVグローボ局が夜9時から放送しているノヴェーラ「アモール・ア・ヴィーダ」に出演している女優5人が各々黒い服に身を包み、不機嫌な顔で並んで正面を睨み付ける「メンサロン裁判の弔い」という題の写真をネット上で流して話題を呼んでいる。参加したのはヒロインのパロマの母親役のスザーナ・ヴィエイラやパロマの義姉役のバルバラ・パスなどだが、中央で貫禄たっぷりに写ったロザマリア・ムルチーニョは御年84歳の大ベテランだ。
     ◎
 19日、環境団体のグリーンピースが、アウキミン聖州知事とハダジ聖市市長そっくりの仮面をかぶり、「遅延時計」と銘打った電光掲示の大きなボード型の時計の開設式を行った。時計の数字は聖市南部サントアマーロに設立予定だが工事延期を繰り返している地下鉄5号線アドルフォ・ピニェイロ駅の完成遅延日数を表しており、19日の時点では「992日」を示していた。同駅開業は14年第1四半期と言われているが果たして。
     ◎
 きょう21日からあす22日の夜にかけて、「スポーツ版のヴィラーダ」こと、ヴィラーダ・エスポルチーヴァ2013が聖市内の様々なスポーツ施設で開催される。文字通りいろんなスポーツを夜通し楽しめるイベントだが、どこで何をやっているかはhttp://www.prefeitura.sp.gov.br/cidade/secretarias/esportes/virada_esportiva/index.php?p=19934で確認を。

image_print

こちらの記事もどうぞ