ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 テメル大統領と上下両院議長がいずれも職務で国外に出たため、カルメン・ルシア最高裁長官が17、18日に大統領代行を務める。同長官の大統領職代行は3度目だ。一部の国民は、カルメン氏が最高裁長官としての業務を遂行できない間の代行が予想されるトフォリ副長官が、逮捕中のルーラ元大統領を釈放させる動きに出るのでは、と案じていた。それはトフォリ氏に親ルーラ派、親政治家のイメージがあり、人身保護令適用にも積極的だったためだが、今回はトフォリ氏も国外におり、最高裁長官代行は最高裁長老のセウソ・デ・メロ判事が務めることに。今回は、一瞬の隙をついた政治ドラマは起こらなさそうだ。
     ◎
 サンパウロ市の大気の湿度が16日に21%(一部では18%)まで低下し、異常乾燥注意報が出た。これに伴い、大気汚染の悪化も心配されており、ドン・ペドロ公園(セントロ)、イタイン・パウリスタ(東部)、コンゴーニャスとグラジャウー(共に南部)などが、「注意すべき地域」に指定された。こうした状況だと、高齢者や子どもを中心に、呼吸器疾患や心臓疾患が起こりやすくなる。くれぐれも水分補強などに気をつけて。
     ◎
 今日からサッカーの全国選手権が1カ月ぶりに再開する。第13節は今日と明日行われ、今日はコリンチャンスが本拠地でボタフォゴと、サンパウロが敵地でフラメンゴと対戦。明日はサントスとパルメイラスとのクラシコ(伝統カード)がパカエンブー・スタジアムで行われる。サンパウロ州の4強は、いずれも上位進出の可能性があるため、目が離せない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年5月24日 東西南北  本日報じたように、出馬を諦め、後継大統領候補としてメイレレス前財相に期待したテメル大統領。本来ならトップ・ニュースのはずだが、事前から噂が立っていたことも手伝い、報道の扱いは小さいものに。それよりも、トラック業界の起こしたデモによる混乱の方が、報道陣も国民も関心が高いという結 […]
  • 東西南北2018年3月24日 東西南北  22日の最高裁がルーラ元大統領に対し、4月4日までは逮捕されない事を保証する暫定令を出した際、「本人のせいではない裁判の遅れで元大統領が束縛されるべきではない」と言った判事が居たとか。第4地域裁での2審で有罪とされた被告は皆、2審後の刑執行との原則に従っているのに、期間限定と […]
  • 東西南北2017年4月25日 東西南北  23日はフランスで大統領選挙の一次投票が行われ、ブラジルでもニュースやネット上でかなり注目を集めた。ブラジルでは、他国のことなのに自国の現状と比較して批判などをしはじめる人が少なくなく、元財相のマクロン氏と極右のル・ペン氏が決選投票に進むとわかると、「極右が強い今だからこそ、 […]
  • フラメンゴ=大型補強を立て続けに敢行=DF、MF、FWとセンターラインに代表クラスを揃える2019年1月11日 フラメンゴ=大型補強を立て続けに敢行=DF、MF、FWとセンターラインに代表クラスを揃える  今年のブラジルサッカーマーケットは、いつになく高額の引き抜きが発生している。  サンパウロFCが同じブラジル国内のチーム、アトレチコ・パラナエンセからFWパブロを2660万レアルの移籍金で獲得し、パルメイラスも、エジプトのピラミッドFCからFWカルロス・エドゥアルド […]
  • 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と2019年1月9日 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と  現在のブラジルサッカー界は、まだシーズンオフだ。だが、各州の選手権やリベルタドーレス杯が本格化しはじめるまでのこの束の間の間こそが、フロントにとっては最も忙しい時期となる。向こう1年間の戦力補強のための貴重な時期だからだ。ここでは、ブラジルリーグで目立つ補強についてみていく。 […]