ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(9)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(9)

ニッケイ新聞 2013年9月24日

【社会部の古川です。どなたですか?】
「ジョージ」
【ジョージ?】
「ジョージ・ウエムラだ」
【おぃや〜、珍しー、刑事が俺に電話してくるとは、で、事件とは?】
「事件? そんな事じゃなく、ボーズの事で聞きたい事があるんだ」
【ボーズ?】
「だいぶ前、レストラン『ポルケ・シン』のジゾウの前で『ボーズの事なら何でも』とお前が自慢していたから、それで・・・」
【あ〜、その坊主。なんでもどうぞ】言葉とは裏腹に仏気(ほっけ)ない口調だ。
「ローランジアと云う町のボーズを探しているんだ」
【ローランジア? ・・・・・・、あ〜ぁ、パラナ州の、来年、日本から皇太子殿下をお迎えして日本移民百周年記念式典が行われる町だ。それに、町外れの『日本移民センター』公園に開拓先没者慰霊碑を建てたそうだ。一度、式典前に取材しなくてはと思っている】
「コウタイシデンカ?」
【プリンシピ(プリンス)徳仁さまだ】
「おー、マジェスタージ(でんか)・プリンシピエルデイロ(こうたいし)・ナルヒトさまが来られるのか、それはめでたいじゃないか。しかし、イミグラソン(イミグレーション)・センチュリー;センテナリオのコメモラソン(コメモレーション)はサンパウロで開かれるのだろう?」
【日本人の多いパラナ州でも別途に式典が組まれたんだ】
「しかし、なんで、そんな名も知れない町が!?」
【州都のクリチーバや北部の大都市のロンドリーナやマリンガが競って式典を勧誘したがまとまらず、このローランジアが立候補したら反論も起こらずに決まった不思議な町なんだ】
「その不思議な町のイデ・ゼンイツというボーズを探しているんだ」
【ローランジアには有名な寺があるが・・・】古川記者はもったいぶった口ぶりで【ボーズの名は・・・、なんて云ったっけ・・・】そう言いながらノートをめくっているようだ。
「それから、もう一つ聞きたい事があるんだ。なんであの『ポルケ・シン』にジゾウが飾ってあるんだ?あれはテンプロ(寺院)に飾るんだろう?」
【言われる通り、本尊としてお寺に飾るものだが、何年か前、みすぼらしい老人があの仏像を背負ってあの食堂に売りに来たそうだ】
「それで?」
【可哀想な老人を見て、食堂のオーナーがその場で、老夫婦が望む七千ドルで買ってやったんだ】
「ええっ、あれが七千ドルもするのか?!」
【老夫婦が日本へ帰る必要費用だったそうだ。それで・・・】

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(170)2014年6月4日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(170) 「送電には必ずプラス・マイナスの二本の送電線が必要だそうで、その二本で行き帰りの閉回路と云うループ・サーキットを構成しなくてはならないそうだが、イタイプー発電所からサンパウロ大都市近郊まではたったの一本で送電されているんだ」「もう一本は?」「もう一本は地べた、つまり地球がも […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(34)2013年10月30日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(34) ニッケイ新聞 2013年10月30日 「ええ、それから数年後、あのビラ・アマゾニアの日本人無縁墓地に対岸から供養され、その最中、河に入水して消息を絶たれたのです」 「ええっ、どうしてそんな事に?」 「謎と云うしかありません。遺体も見つからないままです」 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(95)2014年2月11日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(95) ニッケイ新聞 2014年2月11日 「そうです。それで、修行僧達が集まり、その教えを文字にまとめ経典が生れました。その後も三回、同じ事が行われ、経典の数も増え、教えの解釈にも差が出て宗派が生まれ、沢山の御経が出来たわけです」 「その中の一つが『ハンニャ』なんですね。仏教の話を […]
  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り2019年1月4日 「餅は搗かれ叩かれ味が出る」=激動の年の暮れ、餅つき祭り  大晦日の聖市風物詩、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)が主催する第48回餅つき祭りが、31日午前9時からリベルダーデ日本広場で開催され、2万袋の紅白餅が配られたほか、グローボ局が昼のニュースSPTVで生中継した。  まず来賓らが順番に餅つきに参加し、 […]