ホーム | 日系社会ニュース | 柔道 上野順恵さんが帰国=「いつか必ず戻ってきたい」

柔道 上野順恵さんが帰国=「いつか必ず戻ってきたい」

 日本の柔道選手で、昨年開催されたロンドン五輪銅メダリストの上野順恵さん(30、北海道)が今月30日、勤務する三井住友海上保険の聖市拠点「ミツイ・スミトモ・セグーロス」での業務研修を終え帰国する。
 毎日のポ語の勉強に加え、ミュンヘン五輪銅メダリストの石井千秋さんが経営する道場を中心に稽古にも参加。ブラジル人柔道愛好者らとも交流を深めた。
 約半年間の研修を振り返り、「先輩後輩関係なく仲が良く開けた雰囲気など、本当にブラジルが好きになった。この国の良さや学んだことを日本に持ち帰り、多くの人に伝えたい。そしていつか必ずこの地に戻ってきたい」と感激の面持ちで語った。
 ロンドン五輪以降休止している競技者としての活動については「この半年間で決めるつもりだったが、未だはっきりさせられずにいる」と話し、複雑な心境を覗かせた。
 帰国まで2週間をきった19日には、聖市カンポリンポのサンパウロ日本人学校で自身の柔道経験をもとにした講演を行い、全校生徒約230人がメダリストの生の声に耳を傾けた。
 柔道場を経営する父の指導のもと、3歳で柔道を始めた上野さん。「本当に厳しく、楽しかった記憶はない」と「柔道が嫌いだった」という当時を振り返った。
 それでも「辛いことを乗り越えることは、自分に自信を持つことに繋がった。小学校でのいじめを克服出来たのも、柔道を続けていたから」と継続することの重要性を強調し、「柔道をやっていなければ今の自分はない。今では父に感謝」と感慨深げに話した。
 講演後、生徒らとの組み手や腕相撲の時間が取られ、大興奮の子どもたちとの交流を楽しんだ。
 中学3年生の平野大悟さん(15、東京)は「苦労から逃げない勇気を持つことの大切さを学べた」と真剣な表情で話し、組み手を体験した小川大成さん(15、愛知)も「金メダリストに投げられたことは一生の思い出」と笑顔をこぼした。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大分のリオ五輪応援団を歓待=柔道 梅木選手親族ら11人が来伯2016年8月27日 大分のリオ五輪応援団を歓待=柔道 梅木選手親族ら11人が来伯  【イタグァイー発】リオ五輪に出場する柔道女子78キロ級の梅木真美選手(21、大分)を応援するため、故郷の九重町から親族や坂本和昭町長ら、11人の応援団が現地に駆けつけた。13日深夜の帰国便を前に、リオ州リオ市郊外のイタグァイーで歓迎会が行なわれた。  発案は梅木選手の遠戚に […]
  • 南米初の五輪、華やかに開幕=マラカナン周辺は厳戒態勢=「情熱的で素晴らしい式典」2016年8月9日 南米初の五輪、華やかに開幕=マラカナン周辺は厳戒態勢=「情熱的で素晴らしい式典」  【リオ発=小倉祐貴記者】第31回夏季五輪が5日夜、リオ・デ・ジャネイロで華々しく幕を開けた。午後8時から始まった開会セレモニーに対し、会場のマラカナンスタジアム周辺は歩行者も入場制限の対象に。治安やテロへの課題も指摘された南米初の五輪だったが、厳重な警備の下、そうした不安を一 […]
  • 邦人の犯罪被害「9件」=リオ五輪開幕1週間2016年8月16日 邦人の犯罪被害「9件」=リオ五輪開幕1週間  【リオ・デ・ジャネイロ共同】在リオ日本総領事館は12日、リオ五輪が開幕した5日から11日までの1週間に日本人の犯罪被害は強盗やすりなど計9件だったと発表した。総領事館で把握していないケースもかなりあるとみられ、実際の被害はより多そうだ。けがをした人はいないとしている。 内訳は […]
  • 第19回日本祭り=予想上回る16万8千人来場!=「今までで一番素晴らしい」=中南米最大のイベント会場で2016年7月12日 第19回日本祭り=予想上回る16万8千人来場!=「今までで一番素晴らしい」=中南米最大のイベント会場で  ブラジル日本都道府県連合会(山田康夫会長)主催の『第19回日本祭り』が、聖市サンパウロ・エキスポセンターで今月8~10日に行われた。晴天に恵まれ、昨年よりも多い、16万8千人を超える大盛況で幕を閉じた。政治経済情勢の混迷のさなか、中南米最大のイベント会場で日系社会の威信を示し […]
  • 五輪をテレビで見るには=全部見るならSporTV2016年8月6日 五輪をテレビで見るには=全部見るならSporTV  リオ五輪の地上波生放送はTVグローボ局、バンデイランテス局、レコルジ局が主力。無料で見られるが、人気の高いブラジル代表の中継が中心となる。日本代表の試合中継はそれほど多くない。 その点、全42競技全種目を網羅しているのはスポーツTV(SporTV)だが有料放送。契約が必要。  […]