ホーム | 日系社会ニュース | ラーモス文化センター建設計画=草の根無償1千万円の調印式

ラーモス文化センター建設計画=草の根無償1千万円の調印式

若枝一憲(わかえだ・かずう)首席領事(中央左)と小林雄二会長(その右)

 サンタカタリーナ州フレイロジュリオ市のラーモス日伯文化協会(小林雄二会長)が、「ラーモス文化センター建設」のために申請していた草の根無償資金1千万円がでることになり、在クリチバ日本国総領事館(若枝一憲(わかえだ・かずう)首席領事)で2月5日、調印式が行われた。
 この文化センター建設プロジェクトは、日本の伝統文化の維持と普及を目的として、ラーモス日伯文化協会(ACBJ)が計画した。ラーモス移住地やフレイロジュリオ市近隣の日系二世や、日本文化を愛する非日系の若者たちが一丸となって立ち上げた計画だ。
 同文協敷地内にある既存の剣道場「文武館」を取り壊し、100メートルほど離れた場所に新センターを建設する予定だ。着工時期は未定。
 既存の道場で行われている剣道・居合道・武道・和太鼓・日本舞踊などを、より快適な状態で練習できるように床のマットは着脱可能なものにする。状況に合わせて脱着して、臨機応変に使い分けができるようになる。
 新センター内にはトイレ、更衣室、シャワー、倉庫も完備される。施設面積は500平米(25m×20m)ほど。
 それに加え、社会プロジェクトとしては、有資格者によるお年寄り向けの健康体操や、要望があった折り紙教室などの日本文化を教える短期的なワークショップも予定されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • クリチバ=総合格闘家シウバ氏に=在外公館長表彰を贈呈2020年9月22日 クリチバ=総合格闘家シウバ氏に=在外公館長表彰を贈呈  在クリチバ日本国総領事館の高木昌弘総領事(61歳、神奈川県)は3日、パラナ州クリチバ在住の総合格闘家ヴァンダレイ・シウバ氏を公邸に招待し、在外公館長表彰を授与した。  シウバ氏は、1990年代から2000年代にかけて、日本で開催された総合格闘技イベントPRIDE参戦 […]
  • 《ブラジル》パンタナル=森林火災拡大で動物の墓場に=ジャガー生息地の州立公園65%焼失2020年9月16日 《ブラジル》パンタナル=森林火災拡大で動物の墓場に=ジャガー生息地の州立公園65%焼失  世界でも最大級の熱帯性湿地のパンタナルでの森林火災が一向に収まる気配を見せず、動物達の墓場と化していると13~15日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル中西部のマット・グロッソ州からマット・グロッソ・ド・スル州にかけて広がり、ボリビアとパラグアイの一部にもまた […]
  • 6月の月次決算が過去最高益=農業機器メーカー=CCM DO BRSIL社2020年9月16日 6月の月次決算が過去最高益=農業機器メーカー=CCM DO BRSIL社  ブラジル日系会社や日本から進出している日系企業の多くは、工場の操業停止や仕事の自主規制、或いはテレワークなどを余儀なくされているのが現状だ。こうした状況の中で日系人経営者の中には、コロナ渦に負けず操業を停止することなく、3月以前の生産と販売を維持している会社も多い。 […]
  • 《ブラジル》23年前生き別れの双子=FBで検索、夢の再会果たす2020年9月15日 《ブラジル》23年前生き別れの双子=FBで検索、夢の再会果たす  コロナ禍で国内の移動さえも様々な制限がある中、ブラジル北東部のセアラー州に住んでいる男性が、2600キロ離れた南東部ミナス・ジェライス州に引っ越す。  セアラ州都フォルタレーザ市を離れるのは、写真家のトマス・マラニョンさんだ。トマスさんは今年6月、生後間もなく生き別 […]
  • パラナ州=柔道連盟に畳と柔道着寄贈=井上康生氏や日本外務省協力2020年9月10日 パラナ州=柔道連盟に畳と柔道着寄贈=井上康生氏や日本外務省協力  8月27日、パラナ州柔道連盟に対して、日本から送られた畳91枚と柔道着100枚を寄贈する式典が、クリチバ市内の同連盟本部で行われた。在クリチバ総領事館の石田健治副領事(滋賀県、44歳)は柔道4段、現地で練習・指導に関わっていた関係で、総領事館と外務本省を通じて日本との […]