ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(13)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(13)

ニッケイ新聞 2013年9月28日

「で、そのボーズさんは、今、そのお寺に?」
「この手紙の差出人住所がローランジアの石塚さん宅ですから、そこに間借りしておられるみたいですね。ローランジアの宮城県人会に問合せてみましょう」
「それで、分かりますか?」

「サンパウロやパラナ州では、十万人規模の町にはたいてい県人会の支部が設けられていますから・・・、それに、それより小さな町でも日本人会が必ずありますから大丈夫ですよ。特にパラナ州の開拓移住地の日系人は昔から団結が強いですから」
「そうですか。俺の様に大都市に住む二世は日系コロニアルから自然に離れてしまい・・・」
「それだけ、ブラジル社会に溶け込んだと云えますが、我々一世からみると寂しいですよ」
「すみません」
「謝らなくても・・・、残念ですが時代の流れですかね。しかし、ジョージさんは立派な日本語を話され頼もしいですよ」
「親父も叔父も頑固に日本語しかしゃべらず、それで自然に・・・」
「ローランジアの件は、一週間以内に調べられると思います」
「じゃー、直接ローランジアに行った方が早いですかね」
「そんなにお急ぎですか・・・、そうだ!サンパウロの仏創宗の南米別院総監部があるお寺をお尋ねされればいいじゃないですか」
「あるんですか?」
「必ずありますよ」
「どこにあるんですか?」
「サンパウロ市近郊も入れて百以上の日系の教会やお寺があると聞いております。ですから・・・、よかったら・・・、地下鉄のプラサ・ダ・アルボレ駅近くにある『西本願寺』の今井さんをお尋ねされたら如何ですか?あの方だったら・・・」
「そのオテラ知っています。親友のオヤジさんのミサで行った事があります。時間もあるし、今行ってきます。イマイさんですね。有難う御座いました」
「その間、ローランジアの方はもっと調べておきます」
「お願いします。連絡はここにお願いします」ジョージは名刺を置いて宮城県人会館を後にした。

 三十分後、ジョージは東洋街の地下鉄リベルダーデ駅から南に七つ目のプラサ・ダ・アルボレ駅に着いた。二つのエスカレーターで一気に外に運び出され、駅前の繁華街を通り、目的のお寺に向かっていると『ゴ〜ン、・・・ ゴ〜ン』と、丁度正午の寺の鐘が聞こえてきた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!2017年5月20日 ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は『第11回わんこそば祭り』を5月28日午前11時から、同県人会館一階ホール(Rua Thomaz Gonzaga, […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(171)2014年6月5日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(171) 「皆、日本訪問が叶う事で大喜びしています」それを聞いたジョージが、「また、JANの謎のオーバーブックが増える・・・」《貨物便を利用します》井手善一和尚からジョージに霊交があった。「村山羅衆と小川羅衆は中嶋和尚の助っ人としてこの世に残りたかったようですが、どこに消えたんだろう […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結2014年6月10日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結  それから三年後、ローランジアで黒澤和尚から厳しい密教の指南を受け、印可状(認可証書)を授かった中嶋和尚は、サンパウロの東洋街の東の端に小さな『聖真寺』(架空)を創建、新しい宗派『聖宗』(架空)を開いた。 『ポルケ・シン』食堂を逃げ出し、修行に出た『聖観音』は、誤ってサンパ […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(163)2014年5月24日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(163) 《オォ~!》小川羅衆の様な悲鳴は出なかったが、觔斗雲の加速度に驚きの声を上げてジョージの霊魂を背負った村山羅衆はサンパウロに飛び去った。「霊性(スピリッチズム)の呪文の力も及ばず、森口の悪行は復活を始めました。ああっ! 気を失っている豊満な女に、森口が・・・、なんて淫らな行 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(165)2014年5月28日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(165) 「私の力不足です」 中嶋和尚は生き仏になろうと決心した、その時、精霊の群れが二つに分かれ、その間から、成仏を断ったあの霊獣化していたトメアスの先駆者達が、上半身裸のリーダーを先頭に現れた。《中嶋和尚! 我々を直ぐ成仏させ戦いに参加させて下さい。霊獣化した我々は一人で成仏出来 […]