ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(95)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(95)

ニッケイ新聞 2014年2月11日

「そうです。それで、修行僧達が集まり、その教えを文字にまとめ経典が生れました。その後も三回、同じ事が行われ、経典の数も増え、教えの解釈にも差が出て宗派が生まれ、沢山の御経が出来たわけです」

「その中の一つが『ハンニャ』なんですね。仏教の話を聞いているうちに、古川との喧嘩がアホらしくなりました」

夕食が出来た。食卓に座り、

「これは?」

「野菜のかき揚げです。健康には最高です。これを味噌汁に浸して、それから食べると美味しいですよ」

「こうですか?」

「そうです」

「うっお、美味いですね。モジにいたころに食べた気がします」

「門司? 日本におられたのですか?」

「いえ、モジとはモジ・ダス・クルーゼスと云う町で、ここから、五、六十キロ離れた田舎町です。そこで生まれ育ちました」

「じゃー、お母さんの味ですか。御両親は今?」

「親は野菜農園をやっていましたが。私が七才の時に強盗グループに襲われましてね。母も父もその時の傷で数日後に亡くなりました・・・」

「そうだったのですか」

「それから、ずっと孝徳叔父に育てられました」

「両親にしろ、叔父さんにしろ、その生い立ちが、今のジョージさんのパーソナリティーになっているのですね。だから、私の様なやっかい者の面倒まで・・・」

「『ハンニャシンギョウ』から見れば当然ですよ。皆、『エン』があって、友達ですから」

「不思議です。日本を離れ、壮大なブラジルに来て、仏教を大きな観点から見る事ができ、だいぶ頭の中が整理整頓されてきました」

「それで、中嶋さんはこれからどうします? 日本へ帰られますね?」

「それが・・・、帰りたくありません。ブラジルが好きになってしまいました。それに、是非、ローランジアと云う町を訪ねてみたいし」

「あの死んだボーズさんがいた田舎町へですか?」

「あそこに、なにか大事な事が、待っているような・・・、なにかが呼んでいるような・・・、そんな気がします。それで・・・」

「そうですか。・・・、同行したいですが、来年のブラジル移民百周年記念行事の説明会が旅行業界にあるので、サンパウロを離れられないのです」

「同行だなんて、とんでもありません。一人で行けますからご心配なく」

「歩いては行けませんよ。それに、まだ一人旅は危険です。特に無謀な中嶋さんはなおさらです。・・・、何か良い方法はないか・・・」

「大丈夫です」

「そうだ、フルカワの奴が、『ローランジアを一度、取材しなくては』と言っていた。奴に同行させるか、しかしなー、奴に頼むのは嫌だし・・・」

「あの、喧嘩した方ですか?」

「ええ・・・、如何しようか?・・・。頼んでみるか!」

ジョージは一分ほど考えた後、携帯電話で、

「フルカワ?」

【そうですが。どなた?】

「インテルツールのジョージだ」

【ほほー、謝りの電話とは珍しい。それで、わざわざ携帯に電話してくるとは・・・、いつ俺の番号を?】

ジョージは古川記者の嫌味を無視して、

「ローランジアに取材に行きたいと言っていたな、それで、バス代払ってやるから行かないか?」

【バカ言うな! いくら貧乏でも、バス代がなくて行けなかったのじゃないぞ! それに、お前がバス代を払うとはなにか魂胆があるな】

「フルカワは運転出来るのか?」

【当ったり前だ! 車が無いだけだ】

「よし! 会社の車を貸すから取材に行ってもいいぞ、その代り、ボーズを一緒に連れてってくれ」

【そうだろうと思った。ボーズをローランジアに連れてってもらいたいなら最初から素直にそう言えばいいじゃないか! このー】

「『ハンニャシンギョウ』ではここで怒るなと話している」

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(170)2014年6月4日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(170) 「送電には必ずプラス・マイナスの二本の送電線が必要だそうで、その二本で行き帰りの閉回路と云うループ・サーキットを構成しなくてはならないそうだが、イタイプー発電所からサンパウロ大都市近郊まではたったの一本で送電されているんだ」「もう一本は?」「もう一本は地べた、つまり地球がも […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(34)2013年10月30日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(34) ニッケイ新聞 2013年10月30日 「ええ、それから数年後、あのビラ・アマゾニアの日本人無縁墓地に対岸から供養され、その最中、河に入水して消息を絶たれたのです」 「ええっ、どうしてそんな事に?」 「謎と云うしかありません。遺体も見つからないままです」 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(9)2013年9月28日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(9) ニッケイ新聞 2013年9月24日 【社会部の古川です。どなたですか?】 「ジョージ」 【ジョージ?】 「ジョージ・ウエムラだ」 【おぃや〜、珍しー、刑事が俺に電話してくるとは、で、事件とは?】 「事件? そんな事じゃなく、ボーズの事で聞きたい事があるんだ」 【ボーズ?】 […]
  • アドリアノ・ジョーゴ州議(12年12月18日、州議会内の真相究明委員会で『闇の一日』上映会で撮影)2014年3月20日 戦前戦中の移民史に光当てる=真相究明委員会謝罪の背景=(中)=学術界でも人権侵害調査=奥原の孤独な働きかけ ニッケイ新聞 2014年3月20日 モライス著作が起爆剤となり、日本移民百周年の機運がこの方向性に油を注いだ形になった。 世紀の祝典を6月に祝う直前の08年4月、USP(サンパウロ大学)の日系研究者タケウチ・ユミ・マルシアは『O Perigo Amarelo( […]
  • 大耳小耳2014年3月29日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月29日  『ブラジル老壮の友』3月には、五十嵐司熟連会長の呼びかけ文が掲載された。移民百周年で作られた熟連前のお地蔵様の前に置かれた賽銭入れの壷の浄財は、大病や大怪我に苦しむクラブ員や関係者のお見舞いに使っているが、《最近そのような件が増えているに […]