fbpx
ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年10月17日

 日本は10月だというのに真夏日が続き、台風に見舞われている。サンパウロでは朝晩寒かったが、ようやく暖かくなってきた。イベントも盛んになり、本紙編集部の記者も週末は大忙しだ。各地での取材で拾った印象深い10月の言葉から▼「若者が自分から歌詞の意味を知ろうと勉強会を開いている」。琉球民謡保存会ブラジル支部による『民謡の祭典』で米須正会長があいさつで、うちなー文化の担い手の成長を報告した。舞台では、彼らによる寸劇「毛遊び」も初披露。沖縄文化を知ろうとする若手の意気込みが伝わってくる。来年は支部創立20周年、老若一体となったイベントを期待したい▼「お互いの歩み寄りを」。今年は七夕祭りの参加を中止した宮城県人会の総会での発言。ACALに商標登録された「仙台七夕祭り」の名前の問題や、個人的感情も入り混じるものの、何とか平和的に解決したいのが思いだが、問題はなかなかに複雑だ。リベルダーデを代表するお祭りだけに、来年は手を取り合ってほしいもの▼「食べ放題は繊細な日本食の本質に外れるのでは」。フォーリャ紙が開いた日本食の討論会で、ブラジル人参加者が疑義を呈した。どういう意味合いでなのかは分からないが、一時の日本食ブームは過ぎ、様々な形で奥深く知ろうとする層が出てきていることを感じる。こういう疑問を投げられたらどう答えるだろう▼「西郷隆盛が改革のさい、好んで使った〃敬天愛人〃(天を敬い人を愛す)は移住者にも通じる」。鹿児島県人会100周年で原口泉氏は、そう県人の努力を労った。式典は今月20日、盛大なる祝意を表したい。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 2012年6月14日 第1回=醤油、牛丼、日本酒の雄に=市場開拓現場の声を聞く ニッケイ新聞 2012年6月14日付け  日本食ブームと言われて久しい。高級なものからテマケリアといった手軽なものまで広がり、2006年にはブラジルの伝統料理を供するシュラスカリアの数を日本食レストランが超えた。名実共に「市民権」を得た格好だが、本場のものとはほど遠いのが […]
  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民2019年1月8日 ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民  「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。  といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑まではそっくりなワケだ。 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]