ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年11月7日

 出版社や著者に対し、伝記の本人や遺族への伝記出版許可や肖像権の支払いの義務付けを求めた有名音楽家たちの集団「プロクレ・サベール」から5日、ロベルト・カルロスが脱退を発表した。これはロベルトが「大事なのはプライバシーの権利で伝記は許可なしでもよい」とテレビで発言したことに対し、カエターノ・ヴェローゾとシコ・ブアルキが批判したことを受けたもの。ロベルトは弁護士を介し、「セレソンから自分のチームに戻る」と音楽界の王らしい洒落た表現で語った。〃王〃がいなくなったセレソンだけに、残ったメンバーには不利な展開になりそうか。
     ◎
 サンパウロ州第12裁判所は1日に、サンパウロ州にある157刑務所の20万5千人の囚人に対し、お湯のシャワーを使うことを義務付ける命令を出した。現在、サンパウロ州にはお湯の出るシャワーのついた刑務所が5棟(全て女性囚刑務所)しかない。冬には水温が10度前後になることから、囚人の健康が問題視されたために出た。これが全囚人に適用された場合、州は55万5千レアルのガス代をさらに使うことになるというが、人権的には必要な配慮に違いない。
     ◎
 サンパウロ州地裁は5日、サンパウロ市議会が承認した2014年以降のIPTUの値上げ案に対し、差止め命令を出した。これは、10月29日に行なった2回目の投票が、世間一般に知らされずに真夜中に行なわれたことを問題視したもの。差し止め有効期間は「次の案が出るまで」だが、訴えた連邦検察局は同案の無効化も視野に入れている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 60年代「怒れる若者」から=2013年の「抗議の波」まで=かつての活動家が体制側に2014年1月1日 60年代「怒れる若者」から=2013年の「抗議の波」まで=かつての活動家が体制側に 新年号 ニッケイ新聞 2014年1月1日  2013年6月、サッカーのコンフェデレーションズ杯の直前から開催期間中にかけて、全国規模での「マニフェスタソン(抗議の波)」が起こった。同じ頃、エジプトやトルコでもデモが起こったが、ブラジルの場合、かねてからの政情不安があったエジプ […]
  • 東西南北2012年9月13日 東西南北 ニッケイ新聞 2012年9月13日付け […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボウソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボウソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 軍政令第5条(AI5)から50年=軍事政権2018年12月13日 軍政令第5条(AI5)から50年=軍事政権  1968年12月13日、「ブラジルの軍事政権史上、最悪の悪法」と呼ばれた「軍政令第5条(AI5)」が通過。ブラジルは20世紀最大級の激動を生きることとなった。  事の発端は、同年3月28日にリオの大学生エジソン・ルイス・デ・リマ・ソウトさんがリオの軍隊に殺害されて大 […]
  • シコ・ブアルキ公演でルーラ元大統領への声援=24日の裁判へのエール2018年1月6日 シコ・ブアルキ公演でルーラ元大統領への声援=24日の裁判へのエール  ブラジル音楽界の大御所、シコ・ブアルキ(73)が4日、リオで行われたコンサート終盤で、今年の大統領選出馬の命運のかかる裁判を24日に抱えているルーラ元大統領へエールを送る見せ場を作った。  シコは現在、昨年に11月ぶりに発表したアルバム「カラヴァナス」に伴うツアーを行ってい […]