ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(43)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(43)

ニッケイ新聞 2013年11月14日

「…『阿弥陀如来』さまの脇侍(きょうじ)の『勢至(せいし)菩薩』さま、究極の菩薩と云われる『観世音菩薩』さま、『釈迦如来』さまの脇侍として従い、薬草と薬壺(やっこ)をもった兄弟菩薩の『薬王(やくおう)と薬上(やくじょう)菩薩』さまの菩薩さま達、更に『観世音菩薩』さまの化身で、あらゆる願事を聞いてくれる『如意輪(にょいりん)観音』さま、観音さまの王と云われる『千手観音』さま、十一面で全ての方角の人達を救う花形観音の『十一面観音』さま、民衆に密着した『浅草の・・・観音』さまなど限りがありません。これ等の『観世音菩薩』さまの変身それぞれが、前に云った『餓鬼道』等の『六道』を受持ってお救いなされます」
「『地獄』の人達までお救いなされるのですか?」
「はい、弁護士役の『菩薩』さま達によって救われます。地獄に落ちる人や落ちた人でも教えを信じれば弁護してくれます。その弁護士の代表が『地蔵菩薩』さまで、危なっかしい祖先を助ける為に、お供え物をして弁護を願うと効果絶大です。その下に刑事や検事の様な、私が大好きな『仁王』に代表される『明王』や『天部(てんぶ)』達がいます」
「そんなに多くの仏さまが加われば鬼に金棒ですね」
「ああ、その『鬼』で思い出しました。赤鬼、青鬼を従えた冥界の支配者『閻魔大王』、子供を食らう鬼女から改心して子供の守り神となった『鬼子母神(きしもじん)』と続きます」
「中嶋和尚が説明すると、仏さまの世界が面白い様に分かりますよ」
「幼児の私に、祖父が仏様の色々な物語を面白く話してくれましてね」中嶋和尚は祖父を懐かしく思い出していた。
「中嶋和尚は仏さま達の楽しい世界が頭の中に築かれ、それで、次から次に湧き出てくるのですね」
「仏さまの話するのは楽しくて楽しくてたまりません」
「『閻魔大王』は地獄の神さんですよね。仏の世界と違うのでは?」
「この世を『俗界』、『閻魔大王』が司る魂や霊の世界を『冥界』、そして、仏さまの世界を『仏界』と三つに祖父が分けていました。その中の『仏界』を解かり易く図にした物に『曼荼羅』と云うものが有ります。ほとんどのお寺にあります」
「マンダラ、聞いた事ありますよ」
中嶋和尚は楽しそうに話を続けた。
「『曼荼羅』は仏さま達を一つの図に配したもので、それを見ると、仏さまの世界が一目で分かります。曼荼羅には主に二つあって、いま紹介してきた仏さま達が、仏界のどの位置におられるかを表す『胎蔵曼荼羅』と、この世から見た仏さまの役割を表す『金剛界曼荼羅』があります」
「仏さまを知る手段が色々あるのですね。中嶋和尚の宗派は?」
「私はありません。と言いたいです」

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結2014年6月10日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結  それから三年後、ローランジアで黒澤和尚から厳しい密教の指南を受け、印可状(認可証書)を授かった中嶋和尚は、サンパウロの東洋街の東の端に小さな『聖真寺』(架空)を創建、新しい宗派『聖宗』(架空)を開いた。 『ポルケ・シン』食堂を逃げ出し、修行に出た『聖観音』は、誤ってサンパ […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(172)2014年6月6日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(172)  法要が終わった一時間後、境内の施設で、このお寺を紹介した西谷副会長の奥さんと娘さんが田口聖子を偲ぶ茶会を用意していた。「お茶をどうぞ。このお寺の裏庭で摘まれ、住職ご自慢のお茶です」 美味しいお茶の話題が一段落したところで中嶋和尚が、「皆様、今日は田口聖子さん、戒名『聖正堂 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(173)2014年6月7日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(173) 「あの世で井手善一和尚が『日本の水』旅行プランを企画され、たくさんの先駆者の仏が応募しているのをイマジネーションしました。井手善一和尚は仏界でも色々なアイデアで活躍なされているようです」「ええっ!中嶋さん! 本当ですか? その旅行を取材しなくては!」 西谷が、「皆さん、この […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(170)2014年6月4日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(170) 「送電には必ずプラス・マイナスの二本の送電線が必要だそうで、その二本で行き帰りの閉回路と云うループ・サーキットを構成しなくてはならないそうだが、イタイプー発電所からサンパウロ大都市近郊まではたったの一本で送電されているんだ」「もう一本は?」「もう一本は地べた、つまり地球がも […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(171)2014年6月5日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(171) 「皆、日本訪問が叶う事で大喜びしています」それを聞いたジョージが、「また、JANの謎のオーバーブックが増える・・・」《貨物便を利用します》井手善一和尚からジョージに霊交があった。「村山羅衆と小川羅衆は中嶋和尚の助っ人としてこの世に残りたかったようですが、どこに消えたんだろう […]