ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年11月15日

 10月に、動物実験に反対する動物愛護活動家の侵入によって犬178匹を解放された聖州サンロッケの動物施設「インスティチュート・ロイヤル」が13日未明、またも活動家たちに侵入され、今度はネズミ類約300匹を失うこととなった。今回侵入した約50人の活動家たちは、ブラック・ブロックスのように顔を黒い布で隠していた。動物実験に対する反感感情に関しては世論調査などでも聖州民からは好意的に理解されてもいたが、善意だと信じていることを、世論の9割方が嫌っているブラック・ブロックス流のやり方で実践するというのはいかがだろう。
     ◎
 ブラジル出版界最高の栄誉とされるジャブチ賞の発表が13日に聖市で行なわれ、人気コラムニスト、ルイス・フェルナンド・ヴェリッシモの「ジアーロゴス・インポッシーヴェイス」と、アウダーリオ・ダンタスによる、70年代の反軍政の代表的存在であったウラジミール・エルゾーギに関する「アス・ドゥアス・ゲーラス・デ・ウラド・エルゾーギ」がそれぞれ今年度の最優秀書籍のフィクション、ノン・フィクション部門で輝いた。両者への賞金は3万5千レアルとなる。
     ◎
 14日本紙でも報じたように、故ジョアン・グラール元大統領の棺が死因解明のためブラジリアに運ばれ、それをサルネイ、ルーラ、ジウマといった歴代大統領が迎えた。棺が運ばれると、未亡人のマリア・テレーザさんが感極まって泣き崩れ、それをジウマ大統領がなぐさめる一幕も見られた。ジウマ氏はスピーチで民主主義の重要性を改めて主張した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年10月28日 東西南北  27日、ルーラ元大統領が71回目の誕生日を迎えた。ただ、今回の誕生日ほど、同氏がつらい状況に置かれた年もないのではないだろうか。愛弟子のジウマ大統領は罷免を受け、統一地方選でPTが惨敗。さらに自身も三つの案件で告発されて被告となり、さらにはかねてから疑惑視されていたオデブレヒ […]
  • 東西南北2016年8月12日 東西南北  今回のリオ五輪で最も注目されているといっても過言ではない男子サッカーで、五輪代表は10日の対デンマーク戦を4―0で制し、ベスト8進出を決めた。それまでの南アフリカ、イラクの2試合を無得点の引き分け(スコアレス・ドロー)で終え、予選落ちも心配されていたが、欧州強豪も期待のガビゴ […]
  • 東西南北2016年8月16日 東西南北  自国が五輪期間中も、サッカーの全国選手権は休まず開催される。今回の五輪代表は23歳以下の若い選手が多いため、本来なら国内のチームに影響が及ぶはずなのだが、15日現在の上位4チームは、ガブリエル・ジェズスのパルメイラス、ガビゴルやゼッカのサントス、ルアンやウォレスのグレミオ、ダ […]
  • 東西南北2016年7月15日 東西南北  13日の下院議長選はロドリゴ・マイア氏の意外なまでの圧勝に終わったが、今回の選挙は、ルーラ元大統領の勘の鋭さを久々に示す結果ともなった。PT関係者としては、「長年の政敵だった党の人間で、ジウマ大統領罷免に賛成票を投じた人に投票しろなんて、一体何を考えているんだ」と思った人も多 […]
  • 東西南北2016年7月19日 東西南北  本日付の記事にもあるように、経済見通しの好転を背景に、国民の半分がミシェル・テメル大統領代行の続投を望んでいることが明らかになった。奇しくもテメル政権で財相をつとめているエンリケ・メイレレス氏は、ルーラ元大統領がかねてからジウマ大統領に起用を薦めていたにも関わらず、ジウマ氏が […]