ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(51)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(51)

ニッケイ新聞 2013年11月28日

「・・・、それは・・・、コショウ栽培がやっと調子に乗ったころ・・・、コショウの葉に白い斑点が現れ、それから二、三週間後に突然立ち枯れになる病気が出ました。それで、第一トメアスのアカラ配耕地をあきらめ、感染から逃れる様に、密林の奥に分け入って第二トメアスを開拓しました。しかし、そこでも直ぐに病気が現れ全滅しました。日本政府の援助機関も研究所まで作り、その病気の調査をしましたが原因がつかめず、それで、我々十数人で奥地のそのまた奥の地図にも載っていなかったアユアスに、別名第三トメアスを作りました。文明から隔離されていたインディオに病気がない事をヒントに、徹底して外との交流を断ち、感染を絶ちました。それで、医者は勿論、薬屋、雑貨屋と、あらゆる者の侵入、つまり文化の進入を拒否し・・・、その結果、その代償として、原始的な生活を強いられました。ですが、私達はインディオのように密林の奥で生きる術を知らず、栄養失調、つまり、中嶋さんが言った『餓鬼道』の餓鬼になったわけです」
「そのインディオの生きる術とは・・・」
「インディオは、全てを自然から賄います。家を作るにしても屋根もベッドも全部自然の素材で賄い、快適な生活をします。ベッドは椰子の木から取れる綿の丈夫な糸のハンモッグで、涼しく、寝心地が良く、蛇や蟻や小動物の襲撃から守ります。主食は病気に強くて一年中収穫出来て、粉にして乾燥させれば蓄えもできるマンジョッカと云うイモ、それに、ミネラルや鉄分が豊富なアサイと云う小さな粒々のヤシの実、小川で魚、森ではハチ蜜、昆虫の幼虫や小動物を狩って蛋白質を補い、雑草からは、薬は勿論、麻酔薬、毒、覚せい剤、強精剤まで得ます。これ以上なにが必要なのだ?と彼等は我々に問うくらいです」
「インディオの術を学べなかったのですか?」
「あの頃、開拓精神旺盛で、ただ一攫千金をねらって黒ダイヤ、つまり黒コショウの栽培に夢中で、明けても暮れても黒コショウの事ばかりで、密林で生抜く術を無視したのです。それと、若さと、無謀な自信だけで、それを乗り越えようとしました。その結果が餓鬼だったのです。皆、自分が餓鬼である事さえ知らず、そこに、襲ったのがマラリアだったのです」
「・・・、大変でしたね。どんな毎日を?」
「朝は小鳥のさえずりで飛び起きます。電気がない所では太陽の明りは貴重です。直ぐに鍬や鎌を担いで暗いうちからコショウ園に直行し、雑草取りや水やりをしました。水やりと云っても、乾季には焼石に水で何の意味もありませんでした。それに、うっかり水をやると、根が太陽熱で蒸されてしまうのです。水を欲しがるトマトなども全滅させた事がありました」

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流2018年8月2日 《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流  ブラジル日本移民110周年のための皇室公式訪問最終日の28日、眞子さまはパラー州都ベレンの汎アマゾニア日伯協会(生田勇治会長)で行われた日系社会歓迎行事のほか、同地の日系人や日本移民とのご引見、ヴェル・オ・ペゾ市場の視察などをされた。式典には約230人が参加し、3回目 […]
  • 過去の誤りを認めさせるために=サンパウロ市在住 奥原マリオ純(原文ポ語)2018年3月8日 過去の誤りを認めさせるために=サンパウロ市在住 奥原マリオ純(原文ポ語)  本年はブラジルへの日本移民110周年であり、そしてまた世界人権宣言が採択されてから70年の記念の年であります。国際連合は、第2次世界大戦でなされた残虐な行為に鑑みて、1948年12月10日に人権条約の基礎となる宣言を採択しました。  数多くの日系アメリカ人や日系カナ […]
  • ニッケイ俳壇 (852)=星野瞳 選2015年8月20日 ニッケイ俳壇 (852)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎冬日負い軍平胸像顔暗し首ふって歩く他なき時雨牛犬の嗅ぐ物より翔ちし冬の蝶どびろくや転耕とどむ術もなく土深く想思樹の実を植えにけり   セーラドスクリスタイス   桶口玄海児妻掘りし里芋どれも肥えて居し移民妻にある大望や芋の秋移民妻長生 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結2014年6月10日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結  それから三年後、ローランジアで黒澤和尚から厳しい密教の指南を受け、印可状(認可証書)を授かった中嶋和尚は、サンパウロの東洋街の東の端に小さな『聖真寺』(架空)を創建、新しい宗派『聖宗』(架空)を開いた。 『ポルケ・シン』食堂を逃げ出し、修行に出た『聖観音』は、誤ってサンパ […]