ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(71)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(71)

ニッケイ新聞 2014年1月3日

「いつのひにかかえらん」

『いつの、ひーにか、かえらん』

「やまはあおき、」

『やまは、あーおーき、ふーるーさーとー』

「みずはきよし、」

『みずは、きーよし、ふるさとー』

先駆者の霊が精霊となって現れ始め、見る見るうちに驚く程の数になった。ほとんどが無表情を装った中に『故郷』の歌を一緒に口ずさんでいた。参列者と同じく故郷を思い出したのであろうか、目を潤まして歌っている。長い間、密林をさ迷って、男も女もたくましく、インディオの様に日焼けし、言い合わせた様に長くなった髪は日本人だと判る結びであった。

『故郷』の歌を頼んだ先駆者が、

《ついでに『赤とんぼ』も歌ってくれ、お願いだ。『ふるさと』は懐かしい日本の故郷を思い出させてくれたが、『赤とんぼ』は遠い昔の懐かしい幼い頃を思い出させてくれるんじゃ》

中嶋和尚が少し声をつまらせて、

「皆さん、『赤とんぼ』もお願いします」

「『故郷』も『赤とんぼ』もコーラスで歌うと賛美歌に似ています」

そう言って出遅れた遊佐の指揮なしに『赤とんぼ』の歌が自然に始まった。

『夕焼―け小焼けーの、赤とんぼー、負われーて見たのは、いつの日か、

山―の畑の、桑のみを、小籠―に摘んだは、まぼろしか、

十五―で姐やは、嫁に行き、お里のたよりも、絶えはてた、

夕焼―け小焼けーの、赤とんぼー、とまっているよ、さおの先』

参加者全員が日本で暮らした幼い頃を思い出し泣いてしまった。

『赤とんぼ』を歌い終わると、中嶋和尚が、

「歌はお経以上に先駆者を慰め、そして、歌によって先駆者がお集まりになりました・・・。皆さん、ありがとう御座いました。これから、謹んで慰霊祭を始めさせていただきます」祭壇に一礼してから、中嶋和尚は木魚をたたき、御題目を唱え始めた。参列者の方に一礼をして、参加を促すと、歌によって結束した参列者全員が加わった。

そして、十分後、

『南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経、・・・、南無妙法蓮華経』

お題目の合唱は元食堂と台所を揺るがし、遊佐のペンションをも揺るがせ、アマゾンの密林に響いた。これ以上続くと収拾がつかなくなるのではと思われた時、驚くほどの数の先駆者の精霊を確認した中嶋和尚は祭壇に向かって頭を下げ、『チ~ン』と仏界に届けと御鈴を鳴らした。大合唱は指揮者に従う様に止まった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流2018年8月2日 《ブラジル》眞子さま=公式訪問最終日にベレン=市場視察や地元日系人と交流  ブラジル日本移民110周年のための皇室公式訪問最終日の28日、眞子さまはパラー州都ベレンの汎アマゾニア日伯協会(生田勇治会長)で行われた日系社会歓迎行事のほか、同地の日系人や日本移民とのご引見、ヴェル・オ・ペゾ市場の視察などをされた。式典には約230人が参加し、3回目 […]
  • ニッケイ俳壇 (852)=星野瞳 選2015年8月20日 ニッケイ俳壇 (852)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎冬日負い軍平胸像顔暗し首ふって歩く他なき時雨牛犬の嗅ぐ物より翔ちし冬の蝶どびろくや転耕とどむ術もなく土深く想思樹の実を植えにけり   セーラドスクリスタイス   桶口玄海児妻掘りし里芋どれも肥えて居し移民妻にある大望や芋の秋移民妻長生 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結2014年6月10日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結  それから三年後、ローランジアで黒澤和尚から厳しい密教の指南を受け、印可状(認可証書)を授かった中嶋和尚は、サンパウロの東洋街の東の端に小さな『聖真寺』(架空)を創建、新しい宗派『聖宗』(架空)を開いた。 『ポルケ・シン』食堂を逃げ出し、修行に出た『聖観音』は、誤ってサンパ […]