ホーム | 連載 | 2013年 | 日本移植民の原点探る=レジストロ地方入植百周年 | 日本移植民の原点探る=レジストロ地方入植百周年 ◇戦後編◇ (97)=続々と生まれる日系政治家=転機となった1960年前後

日本移植民の原点探る=レジストロ地方入植百周年 ◇戦後編◇ (97)=続々と生まれる日系政治家=転機となった1960年前後

ニッケイ新聞 2014年1月7日

140107-registro100-97-1-yanagisawa-fuka140107-registro100-97-2-nasuno-fuka140107-registro100-97-3-maeji-fuka
写真=郡会議員当時の柳沢嘉嗣ジョアキン、那須野秀男、前地豊(写真はみな『50周年記念写真帳』13頁)

イグアッペ植民地と呼ばれた地域(桂、レジストロ、セッテ・バーラス)のうち、レジストロは1944年に市政を布き、続いてセッテ・バーラスもレジストロから59年に独立した。このように、日本移民が造成した一植民地から複数の市が生まれた例はほかにない。そして、この地域からは戦後、大量の二世議員が生まれた。最古参の植民地ゆえの現象だろう。

51年に柳沢嘉嗣(よしつぐ)ジョアキンは桂植民地を出て、イグアッペの町に移り住んだ。ピンガの販売店を作るためで、家族は桂に住み続けた。ジョアキンは「51年、サンパウロ市までようやく山越えの車道が開通したが、まる一日かかった。レジストロを通ってピエダーデ、イビウナ、サンパウロだった。僕はその頃に車を買ってね、サンパウロまで野菜やバナナを運んだよ」。1955、60、64年の3期、イグアッペ郡会議員。73年からイグアッペ農村協会会長などを歴任した。

桂にとって1960年前後が一つの転機だった。「でも道路が開通すると、どんどん桂から出て行くようになった。60年頃には10家族ぐらいに減っていた」。桂からまずイグアッペ、そのあとレジストロやサンパウロ市へ移っていった。

1960年にはイグアッペ日本人会も生まれ、ジョアキンはその創立者の一人になった。市から現在の会館が立つセントロの土地を提供してもらった。「郡議時代にビグア街道のプロジェットを出したんですが、実は町の人には反対が多かった。特にブラジル人には『自分の商売が減る』と考えている人が多かったから。でも僕は町の発展のためには不可欠だと考えた」。ビグア街道はイグアッペからサンパウロ市方向に向かう道で、ジュキアとミラカツの間にあるビグア付近につながる。

ビグア街道はイグアッペ市長に就任したコロネル・ジオギーニョ(Colonel Diogo Martins Ribeiro Junior)の発案で1937年7月27日に定礎式が行われてイグアッペ側から工事が始まり、戦争を挟んでビグアまで開通したのが62年だった。「イグアッペには農業学校があった。レジストロにもなかった。日系人のほとんどは農業だったから、わざわざよそから来てここで勉強した日系人もけっこういた」

一方、レジストロ市議を見ると14人程度の市議のうち常に2人ほどが日系市議だ。多い時で4人が一度に入ったこともある。戦後最初の1948年にはマツザワ・マシト・ギド、前地(まえじ)竜吾(りょうご)。その後50年代には田代栄一(たしろ・えいいち)、伊藤パウロ、大室克己(おおむろ・かつみ)、春日今朝男、前地豊(まえじ・ゆたか)が当選した。

60年代には山崎良三、隅田弘、浅沼カズオ、原村サユオキ、70年代には那須野秀男、岡本フサジ、ハセガワ・タノウエ・フェルナンド、80年代には深町ツメレッチ、近岡ケンジ・マノエルらが活躍するようになる。中でも近岡は4期(89、93、97、01年)も務めた同市最長期の市議記録保持者だ。

その他、曲尾フロリアーノは1964年にセッテ・バーラス副郡長に当選。1969、1972年までセッテ・バーラス郡長を務めた。隣接するエルドラード郡でも宮下智明(レジストロ生まれ)が群議をした。それ以外にもいるだろう。

レジストロ出身で最も国政にかかわったのは野村丈吾だろう。51年に転住先のマリリアで市議なり、63年にサンパウロ州議に初当選、71年に連邦下議に当選した。父酉二がレジストロで米作をし、本人はバストスで生まれた植木茂彬(元鉱山動力大臣)も関係者だ。野村、植木、宮下、春日、柳沢、曲尾、那須野、大室らがその代表だが、長野県子弟が多い点も特徴といえる。(つづく、深沢正雪記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「冠婚葬祭」という日本文化=半田知雄著『移民の生活の歴史』より=切な過ぎる一言「先祖を守れません」 サンパウロ市 ヴィラカロン在住 毛利律子2018年10月31日 「冠婚葬祭」という日本文化=半田知雄著『移民の生活の歴史』より=切な過ぎる一言「先祖を守れません」 サンパウロ市 ヴィラカロン在住 毛利律子  先日、サンタクルースのメトロ駅近くで整体治療院を経営する岸本晟さんから、大変貴重な本をお譲り頂いた。半田知雄氏の『移民の生活の歴史』である。  それは、1908年6月18日に第一回笠戸丸がサントスに着岸した日から、1967年5月、移民60周年記念式典に来泊された今上 […]
  • ニッケイ歌壇(519)=上妻博彦 選2016年8月19日 ニッケイ歌壇(519)=上妻博彦 選       サンパウロ      武地 志津軽量も気迫で乗り切る日馬富士巨体逸ノ城下(くだ)す上手投げ白鵬の手が顔面を被いたる瞬間豪栄道の腰砕け一瞬を松鳳山の変化にて又も不覚を取りし稀勢ノ里両手上げ怯える様の「勢」に白鵬忽(たちま)ち体勢崩れる日馬富士の優勝称え喜びを分かち合い […]
  • ニッケイ俳壇(898)=星野瞳 選2016年7月22日 ニッケイ俳壇(898)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎 土手すべり落ちしは太き穴まどい棉摘み賃ピンガ呑むなと払いやる曳いて来し蜘蛛置いて穴掘る地蜂蟇を呑む蛇の口元蠅たかり露寒し削がれし耳の又疼く木菟鳴くや酒気なければ物不言ず […]
  • ニッケイ俳壇(892)=星野瞳 選2016年6月16日 ニッケイ俳壇(892)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎虻が来て蝶来て天気葱坊主着ぶくれて南風寒き国に老ゆ行く秋や牧場に白き月残し草山の草分けのぼる秋の風雲の峰一日崩れず牧遅日 […]
  • ニッケイ俳壇(850)=星野瞳 選2015年8月6日 ニッケイ俳壇(850)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎 気まぐれな雨が降っては冴へ返る屈託もなき髙笑い夜なべ子等サンジョンの焚火にちらと見しは彼ダムの水深く映りて凍てし星確実に老化は進み秋も逝く【一九十五年生れの、確実に百才を迎えられた作者・稚鴎さんには、老化など露見られぬ。どうか […]