ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年1月17日

 今週に入り、サンパウロ市では夏におなじみのテンペスターデ(強い夕立)が目立つようになってきた。15日夜にはその強い雨と雷により、サンパウロ市10カ所で冠水が生じ、南部イピランガではそれに伴う交通渋滞が起き、CPTM10号線では電気供給に支障が生じ、タマンドゥアテイ~サンカエターノ間の運行が止まった。また大サンパウロ市圏のカラピクイーバ市では17時間にわたり停電が続いた。サンパウロ州の天気はこの後も18日までは雨が続き、19日にいったん持ち直すものの、来週は連日雨の予報となっていて、いっそうの注意が必要だ。

      ◎

 ここ連日本紙でも報道している、カンピーナスで11日夜~12日未明に起こった12人の死者を出した連続殺人事件についてだが、同市市警は15日、この日に犯人から銃撃を受けた人の中に2人の生存者がいたことを明らかにした。腕やでん部を撃たれた22歳の男性は事件について尋ねられたが、犯人が車の中にいたこと以外は聞き出せず、また、もう1人の23歳の女性は市内の病院に昏睡状態で入院中だとか。警察絡みの疑惑が強いだけに、捜査の進展具合には注目が集まりそうだ。

     ◎

 どちらがサッカー全国選手権2部降格かをめぐり昨年からもめているポルトゲーザとフルミネンセだが、15日、リオ地裁大型行事特別判事団は10日のサンパウロ州地裁の判決を覆し、スポーツ裁判所での判決を支持し、フルミネンセを1部残留にするとした。ブラジル・サッカー連盟(CBF)は20日までにどちらが残留するか決めるとか。いっそのこと、残留決定試合を行なってはどうか?!

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 東西南北2014年1月11日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年1月11日  監獄での残虐行為や殺人事件が問題視され、現在話題のマラニョン州だが、その最中、ロゼアナ・サルネイ知事政権は、2014年の公式行事用の食材などの購入に140万レアルをかけようとしていることが判明した。食材購入のための入札は17日に行われるが […]
  • 60年代「怒れる若者」から=2013年の「抗議の波」まで=かつての活動家が体制側に2014年1月1日 60年代「怒れる若者」から=2013年の「抗議の波」まで=かつての活動家が体制側に 新年号 ニッケイ新聞 2014年1月1日  2013年6月、サッカーのコンフェデレーションズ杯の直前から開催期間中にかけて、全国規模での「マニフェスタソン(抗議の波)」が起こった。同じ頃、エジプトやトルコでもデモが起こったが、ブラジルの場合、かねてからの政情不安があったエジプ […]
  • 東西南北2013年4月18日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年4月18日 […]
  • 2008年12月30日 ニッケイ新聞編集部が選んだ コロニア10大ニュース ニッケイ新聞 2008年12月30日付け  百周年に明け、百周年に暮れた2008年。日本移民百周年と日伯交流年の今年は、1年を通じて両国で約1500の記念行事が実施されるなど、他の周年事業とは比べ物にならない盛り上がりを見せた。1月の開幕行事から、2月のカーニバルでは各地 […]