ホーム | 日系社会ニュース | デザイナー 世界のコシノ=矢柳氏と南米初の合同展=23日に開幕

デザイナー 世界のコシノ=矢柳氏と南米初の合同展=23日に開幕

ニッケイ新聞 2014年1月17日

世界的ファッション・デザイナーのコシノジュンコさんと現代美術家の矢柳剛さんが、南米初の合同展『オーパ!陽気な黙示録』を開く。期間は23日~3月16日(午前11時~午後8時、月曜休館)、場所はサンパウロ市の大竹富江インスティチュート(Av. Faria Lima, 201, Pinheiros)。

2009年に、コシノさんが矢柳さんの個展を訪れたことがきっかけで共同制作が始まった。矢柳さんのカラフルなアート作品を、コシノさんが自由に切り取り服に仕立て上げた。「ファッション」と「アート」という垣根を越えた取り組みだ。東京や中国・北京でも展示会が開かれ、好評を得たという。

また日伯のこども達による「かたつむりアート」も展示される。東日本大震災や福島第一原発の被災地の子ども、在日ブラジル人子弟、当地の子どもらがかたつむり型の画用紙に自由に絵を描いたものを展示する。

コシノさんは72年からパリ・コレクションに参加、世界中でショーを手がけている。昨年はサンパウロ市のカーニバルに出場、キューバでは外国人デザイナーとしては初のファッションショーを開催するなど、中南米の文化にも関心を持つ。

矢柳さんは大学卒業後に当地で絵を学び、油彩、版画、壁画、デザインなど幅広い分野で国際的に活動中。72年にはサンパウロビエンナーレに日本代表として出展した。

問い合わせは道クルツラル(11・97078・1299)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 乾杯するコシノさんと矢柳さん2014年1月25日 世界のコシノ「和食はアート」=矢柳氏との二人展も開幕 ニッケイ新聞 2014年1月25日 【既報関連】世界的ファッション・デザイナーのコシノジュンコさんが、現代美術家の矢柳剛さんと南米初の二人展『オーパ!陽気な黙示録』(17日付詳報)を開くため来伯し、21日、展示会に先立ち総領事公邸で和食文化紹介イベントを行った。日系団体代表 […]
  • 2008年7月5日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=各地の百周年式典を総括 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け ◆座談会参加者の紹介深=本紙の編集長ながら、最多のブラジリア、サンパウロ、パラナ、ベロ・オリゾンテを取材。若手記者を大きく引き離す奮迅の活躍ぶりを見せた。神=邦字紙記者歴四十余年、唯一過去の周年行事を取材。サンパウロ・サンボードロモ式典会 […]
  • 2008年1月1日 百周年=3月までの関連行事カレンダー ニッケイ新聞 2008年1月1日付け  ブラジル日本移民百周年の年が、ついに始まった。日伯交流年とあわせ、この一年、日本とブラジル両国で様々な記念行事が計画されている。外務省日伯交流年委員会が認定した記念イベント・事業は、昨年十二月十三日現在で百五十を突破、ここブラジルで […]
  • 特別寄稿=16世紀の日本人女性奴隷哀史=サルバドールに「女官」いた?=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子2020年10月31日 特別寄稿=16世紀の日本人女性奴隷哀史=サルバドールに「女官」いた?=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子  「16世紀ごろに、日本人が奴隷としてヨーロッパ人に売られていた」。このような歴史的事実を、現代日本人がどのくらい知っているだろうか。  去る10月20日付けニッケイ新聞「樹海」拡大版、深沢編集長による「16世紀に南米へ来た日本人奴隷とユダヤ教徒」を読んだ。「南米に渡った日本 […]