ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年1月17日

 移民史料館エレベーター設置プロジェクトの発表は、資金提供をする企業同席の記者会見のはずだった。が、40分経っても企業の担当者が現れない…。聞けば、「今日、一社が残りの資金を届ける予定だったので、会見も開けると思った」とか。しかし、企業側にはその予定を伝えていなかったため、「社内で了解を得ていない」と同社は会見拒否。公式な会見は別の機会に行われることに。「先走ってしまった…」と森口委員長。〃日本流の段取り〃が必要だったのでは?

     ◎

 14日の試合でサントスFCに敗れはしたものの、外国勢として初の勝抜戦進出と結果を残した柏レイソルの若手チーム。弟分にあたる15歳以下のジュニアユースチームも、現在中東・カタールで開催中の国際大会『アルカスカップ』(16歳以下)で奮闘中。13日から始まったグループリーグでは強豪バルセロナ、屈強なアフリカ系の選手を抱えるパリ・サンジェルマンと同居する厳しい組み分けに。しかし見事1勝1分で乗り切り、18日から始まる上位トーナメントに駒を進めた。若くして海外を知り、結果を残しているユース世代の選手たち。日本代表チームの将来は安泰!?

     ◎

 当地では「1カ月の休暇が取れる」ことに、日本の知人友人は皆びっくり。もちろんそんな国は珍しくないが、日本で出会ったサービス業の面々は「土日も仕事は当たり前」と口を揃える。「え~」とコラム子が逆に驚くと、「それが普通なんで」と笑顔でさらりと返された。当地では仕事があろうとなかろうと、休みは休み。その後のことがどうなろうが就業時間も遵守。多少秩序が乱れても、国は回るのだと実感する。「ちょっとくらい休んでもいいじゃない」―そんな風に言いたくなったのは、ブラジル化してきたせい?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕2017年5月23日 サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕  【既報関連】サンパウロ市セントロ、ルス区の麻薬汚染地帯クラコランジアで21日朝、警察が地域一掃作戦を行ったと、22日付現地紙各紙が報じた。  市警、軍警あわせて900人を動員して行われた作戦では、麻薬密売者ら38人が逮捕され、ナイフや銃などの武器多数と麻薬が押収され […]
  • 大耳小耳2014年3月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月20日 リベルダーデ歩こう会のサントス旧街道ツアーに参加したアラブ系二世のソニア・ジビさん。亡夫とともに、ルス公園など各地に支部を発足させてきたラジオ体操協会の重鎮だ。「なぜかアラブ系より、日系社会とのつながりが濃い」という彼女は、同会のツアーにも […]
  • 大耳小耳2014年1月25日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年1月25日  コシノジュンコさんが企画した「かたつむりアート」。在東京ブラジルのマルコ・ファラニ総領事の依頼で、群馬大泉町のブラジル学校の子どもたちも参加することに。「ポルトガル語も話せない子どもたちだが、絵だけでも里帰りをさせたい」との思いがあったと […]
  • 大耳小耳2014年1月16日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年1月16日  サントスFCという高い壁に、上位進出を阻まれた柏レイソル。下平監督が「一番大きかったのは体格・体力差。サントスの選手のほとんどは94年生まれで、96年組より下が中心のうちとは確かな違いがあった。この年代では数年の差は大きい」と話した通り、 […]